ナビタイムとLuupが連携--データ連携、マイクロモビリティのルート最適化など共同で

 ナビタイムジャパンとLuupは2月8日、MaaS分野での取り組みを共同で推進することに合意したと発表した。

キャプション

 第1弾の取り組みとして、「NAVITIME」をはじめとする各種サービスに、LUUPのポート情報や満空情報をリアルタイムにデータ連携、表示する。徒歩や自転車などでポートまでのルート検索ができるという。

 第2弾以降では、シェアサービスを考慮したルート探索が可能になるよう開発し、自転車・電動キックボードに最適なルートを共同で検証する。ユーザーに適切な移動経路を提案しながら、ルート精度向上を目指すとしている。

 両社が共同で取り組む分野は、第1弾で取り組む(1)リアルタイムデータ連携、第2弾以降で取り組む予定の(2)マイクロモビリティのルート最適化のほか、(3)社会課題解決のためのデータ活用、(4)物流領域での共同検証――の4分野。

 (3)では、LUUPの走行実績データとナビタイムの経路探索データを活用、分析し、地域公共交通が及ばないエリアの補完を進めるという。交通空白地帯をカバーするなどの地域交通の最適化、運転手不足といった社会課題に貢献するとしている。

 (4)では、電動マイクロモビリティの運営における機材の運搬など、物流の効率化を共同で検証する予定だ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]