ソフトバンク、3G停波を延期--能登地震の被災者に配慮

 ソフトバンクは1月17日、1月31日を予定してた3Gサービスの停波を4月15日へ延期すると発表した。

 延期の理由については、令和6年能登半島地震によって4Gおよび5Gサービスへの移行手続きが困難になっている被災ユーザーの状況を踏まえたという。

 状況によっては被災地のユーザーを対象にさらに延期する場合もあるとしている。

 3G停波後は、3G専用料金プランを契約しているユーザーは自動的に解約となるほか、4Gや5Gに対応している料金プランであっても、VoLTEサービスを利用できない契約の場合は自動的に解約される。

 なお、「ホームアンテナFTサービス」は1月31日に終了するが、被災地ユーザーへの対応は決まり次第対応するとしている。

ソフトバンク

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]