「iOS 17.2」開発者ベータ2が公開、「Vision Pro」向け空間ビデオの撮影が可能に

Maria Diaz (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部2023年11月10日 10時28分

 Appleは米国時間11月9日、「iOS 17.2」の開発者向けベータ2を公開した。「iPhone 15 Pro」で「Vision Pro」ヘッドセット用の空間ビデオの撮影が可能になるなど、複数のアップデートが含まれている。

iPhone
提供:Jason Hiner/ZDNET

 同社は6月に開催した「WWDC23」で空間ビデオを紹介し、視聴者の動きに応じて動画の視点が変化し、一種の視覚的ステレオ効果を生み出す方法を披露した。iPhone 15 Proで家族旅行の空間ビデオを撮影し、数カ月後や数年後にVision Proでその体験を追体験できると想像してみてほしい。

空間ビデオ
提供:Apple

 iPhone 15 Proで空間ビデオを有効にするには、「設定」アプリで「カメラ」を選択し、「Spatial Video for Apple Vision Pro」をオンにする。次にカメラアプリを開くと、カメラが動画に設定されているときに「Spatial」オプションが表示される。

 最新のiOS 17.2ベータ版の設定アプリによると、iPhone 15 Proで撮影された空間ビデオは、30fps、解像度1080pで、1分間の空間ビデオは容量が約130MBだという。

 Vision Proは2024年初頭に発売予定だ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]