日産、EVコンセプトカー「ハイパーフォース」--「MOBILITY SHOW 2023」向け最後の一台

 日産自動車は10月25日、「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」のプレスデーで、EVコンセプトカー「ニッサン ハイパーフォース」を発表した。

「ニッサン ハイパーフォース」と、日産自動社 社長兼最高経営責任者 内田誠氏
「ニッサン ハイパーフォース」と、日産自動社 社長兼最高経営責任者 内田誠氏

 ハイパーフォースは、究極のドライビングプレジャーを追求しながら高い環境性能と日常での快適性を兼ね備えるという、次世代の高性能スーパーカー。

 最適な重量バランスで搭載した全固体電池と高出力モーターのパワートレインにより、最大出力1000kWを発生させ、圧倒的な加速力を発揮できるという。強力なダウンフォースを生み出す空力設計、進化した電動駆動4輪制御技術「e-4ORCE」、高強度カーボンを活用した軽量化車体により、サーキットやワインディングロードで今までにないコーナリング性能と、卓越した操作性を実現するとしている。

キャプション

 外観は、低くワイドに構えたスタンスに、なめらかな曲線とボディパネルの大胆な幾何学模様をシームレスに融合させたデザインを採用。フロントデザインやキャビンシルエット、リアコンビネーションランプなどには、日産のハイパフォーマンスカーのデザインDNAを織り込んでいる。

 空力設計は、NISMOレーシングチームと共同開発。フロントボンネット下に2段に分かれた空力構造を採用し、強力なダウンフォースと、高い冷却性能を両立する。

 ドアウインドウ後方から取り入れた空気は、リアトランク上部で整流しつつ、日産が新たに採用した二重構造ディフューザーで、車体の前方から後方にかけての空気の流れを最適化する。

 そのほか、フロントカナード、フロントフェンダーフリップ、リヤウイング両端に採用した独自のアクティブエアロ機能や、新開発のプラズマアクチュエーターが、空気の剥離を抑えるという。コーナリング時の内輪のリフトを最大限抑えつつ、グリップ力を最大化。軽量かつ高強度のカーボンホイールは、立体感のある特徴的なデザインで、空力とブレーキ冷却性能を向上させるとしている。

キャプション

 ハイパーフォースのドライブモードは、サーキットなどを走行する際のR(レーシング)モードと、どこまでも快適に走れるというGT(グランドツーリング)モードの2種類。モードにあわせてカラーや表示内容が変化するインストルメントパネルのGUI(グラフィカルユーザーインターフェース)は、ポリフォニー・デジタルとともに制作。ドライブシーンに合わせて、ドライバーが最も望む情報を瞬時に表示し、調整できるデザインを採用している。

 Rモードでは、赤いライティングで彩られたインストルメントパネル全体がドライバーに向かってせり出し、直感的な操作がしやすいコックピットに変化する。ステアリング周りに配置された4画面には、4輪それぞれのタイヤ温度、空気圧、ブレーキローター温度、駆動力配分をリアルタイムで表示するという。

 GTモードでは、インストルメントパネルのライティングが青色へと変化。Rモードで4分割されていたステアリング周りの画面が統合され、エアコンやオーディオに加え、サスペンションやスタビライザーのセッティングなど、グランドツーリングに最適な情報を表示可能だ。なお、サスペンションとスタビライザーについては、走行中でも画面上で簡単かつ直観的に操作してチューニングできる世界初のシステムを採用したという。

キャプション

 運転席と助手席には、スポーツ走行で乗員を最適にホールドして快適に長距離ドライブも楽しめる、軽量で高剛性なカーボン製シートと、4点式のシートベルトを採用した。

 加えて、AR(拡張現実)とVR(仮想現実)を体験できる専用のヘルメットを装着すれば、リアルとバーチャルのどちらの世界でも走りを楽しめる。停車中にヘルメットのVR用ブラインドシールドを使えば、クルマがゲームシミュレーターとなり、タイムアタックや対戦モードで楽しみながら運転スキルを磨けるという。

 実際のサーキットを走行する際には、ヘルメットのAR用スケルトンシールドを使用することで、サーキット上に自身や友人、プロドライバーのデジタル「ゴースト」を表示。競いながら運転スキルを向上できる新しい運転の楽しみ方を提供する。

 また、スポーツ走行用にチューニングされた最先端のLiDAR技術を採用した自動運転技術により、公道でもサーキットでも高い安全性を追求。自動運転時には、安心して快適なドライビングを楽しめるとしている。

ニッサン ハイパーフォース


特別キャラクターや「フォートナイト」オリジナルワールドも

 日産は同日までに、JAPAN MOBILITY SHOW 2023に向けて、「ニッサン ハイパーアーバン」「ニッサン ハイパーアドベンチャー」「ニッサンハイパーツアラー」「ニッサン ハイパーパンク」の4種類のEVコンセプトカーを公開。ハイパーフォースはシリーズのラストを飾る、第5弾コンセプトカーという位置づけだ。

5台のコンセプトカー
5台のコンセプトカー

 そのほか、5台のコンセプトカーの世界観を表現すべく、5人のオリジナルキャラクターを制作。オンラインゲーム「フォートナイト」内には、10月25日から2024年1月31日まで、オリジナルワールド「Electrify the World」を公開する。

世界観を表現する5人のキャラクター
世界観を表現する5人のキャラクター
「フォートナイト」内オリジナルワールド「Electrify the World」
「フォートナイト」内オリジナルワールド「Electrify the World」

 また、YouTubeでは、全曲書下ろし「チルミックス」として、「夜のドライブで聴きたい Night Drive Chill Mix with Nissan【日産 Lofi beats】」を公開。コンセプトカーが提唱する「AIが拡げるクリエイティビティの可能性」をテーマに、世界で活躍する6人のアーティストがAIを活用して制作したという。

夜のドライブで聴きたい Night Drive Chill Mix with Nissan【日産 Lofi beats】


 日産自動社 社長兼最高経営責任者 内田誠氏は、「12月に創立90周年を迎える日産は、創立以来常に革新を続け、移動の自由を提供し、人々の生活を豊かにしてきた。5台のコンセプトカーは、創立時から受け継ぐ、ほかがやらないことをやるという精神から生み出された、まさに日産しか作れないEV。日産のイノベーションの3つの柱である『電動モビリティ』『EVエコシステム』『知能化技術』で実現する、私たちが目指す未来を象徴している。5台のコンセプトカーが、あらゆる乗車体験をもっと安全、ワクワクするものへ変え、顧客の望む暮らしや夢の実現をサポートする。ワクワクするモビリティの未来を、イノベーションの力で、皆様とともに創造していきたい」と話した。

キャプション

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]