PFU、米国拠点発のキーボード「HHKB Studio」--マウス機能やジェスチャー機能を統合

 PFUは10月25日、高性能コンパクトキーボード「Happy Hacking Keyboard」(HHKB)シリーズの新製品として、All-in-Oneをコンセプトとして加えた「HHKB Studio」を発表した。


 PFUダイレクトにて、同日より販売を開始する。価格は、英語配列・日本語配列共に4万4000円(税込)。同製品は、同社の米国拠点であるPFU Americaが企画し、Huge Designがデザイン協力して開発した新ラインアップのHHKBだ。HHKBシリーズの合理的なキー配列を継承し、新しくポインティングスティックとジェスチャーパッド機能を搭載。




 ポインティングスティックはマウス操作を行えるほか、ジェスチャーパッドは、両側面と手前側左右の合計4カ所にあり、画面スクロールやウィンドウ切り替えといった直感的操作が可能。これにより、ホームポジションから手を離すことなく、入力操作が行えるようになった。


 また、HHKBオリジナルとなる、押下圧45gのスムーズな静音リニアスイッチを採用した。ソフトウェアを利用し、ショートカットの割り当てにも対応するほか、キーマップ変更ツールを使うことで、自分好みのカスタマイズが可能。

 加えて、キートップの3Dデータについても今後提供する予定。具体的な提供方法や手順は、2024年3月頃に発表を予定する。

 専用オプションとして、「HHKB Studioキートップセット(墨)英語配列」(型名:PD-ID100KTB)や、「HHKB Studioキートップセット(墨)日本語配列」(型名:PD-ID120KTB)、「HHKB Studioリニアスイッチ(黒)」(型名:PD-ID100KSLB)を用意する。


 価格は、英語配列のキートップセットが6600円(税込)、日本語配列が7590円(税込)、リニアスイッチが3300円(税込)。

 パートナーオプションとして、「HHKB用 キーボードルーフ」(型名:RF-HH3-CM)や、「HHKB用 キーボードポッド2」(型名:KC2-HHK)、「HHKB Studio専用 タイピングベッド」(型名:PW-HHT-3)を用意。いずれも、バード電子製。

 価格は、キーボードルーフが4730円(税込)、キーボードポットが5940円(税込)、タイピングベッドが4950円(税込)。

 PFUは、「b8ta Tokyo - Yurakucho 東京有楽町」にて、HHKB Studioの期間限定出品を実施する。期間は、10月26日から2024年1月25日まで。

 また、現在「HHKB Professional」シリーズを展示している常設のタッチ&トライスポットにも順次展示予定としている。



CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]