PFU、スキャンデータを直接ネットワークフォルダーへ保存する機能--「ScanSnap iX1600」

 PFUは7月25日、「ScanSnap iX1600」にタッチパネル操作でスキャンしたデータを直接ネットワークフォルダーへ保存できる機能を追加すると発表した。

キャプション

 ソフトウェア「ScanSnap Home」のアップデートおよび、ScanSnap iX1600のファームウェアのアップデートにより利用が可能となる。

 同社によると、「クラウドへの保存が不安な重要書類はローカルネットワーク上のフォルダーに保存したい」「大量の書類のバックアップを大容量のネットワークフォルダーに保存したい」といった多くの要望を受けて追加する機能という。

 これにより、あらかじめ保存先として任意のネットワークフォルダーを設定したアイコン(プロファイル)をタッチパネルに登録しておけば、ScanSnap単体で利用するネットワークフォルダーへとスキャンデータが保存できる。

 同社によると、今秋ごろには、ネットワークフォルダーへのダイレクト保存に対して、スキャンした原稿の裏写り低減や、e-文書法の画質条件を満たすイメージデータの生成に対応予定だという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]