「iPhone 15 Pro」、奇妙なUSB-C充電問題が明らかに

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部2023年10月04日 08時27分

 Apple独自の「Lightning」からUSB Type-C(USB-C)ポートへの移行は、スムーズに行われているというわけではないようだ。一部のユーザーが充電の問題に遭遇している。

iPhoneのUSBポート
提供:Jason Hiner/ZDNET

 「iPhone 15 Pro」のあるユーザーはRedditで、同端末を充電するためにAnkerのパワーバンクに接続したところ、スマートフォンのバッテリーが充電される代わりに、「iPhone」がパワーバンクを充電したと述べている。

 これは所望の動作ではない。Ankerによると、パワーバンクのUSB Type-A(USB-A)ポートを介してiPhoneを充電するのが解決策だという。

 「iPhone 15」シリーズのスマートフォンは、USB-C充電ケーブルを使用する場合に、より小さな他のAppleデバイス(「Apple Watch」、「AirPods」、その他のiPhone)を逆充電できるようになっている。

 上記のようなデバイスに接続した場合は、逆充電するべきだが、何かが意図せぬ動作を誘発している。iPhone 15 ProをUSB-Cケーブルで「iPad Pro」に接続した場合にも、iPhoneがiPad Proを充電したという報告もある。ケーブルの向きを入れ替えると、iPad ProでiPhoneを充電することができたという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]