SIE、ジム・ライアン社長が退任へ--ソニーグループ社長の十時裕樹氏が暫定CEOに

 ソニーグループとソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は9月28日、SIE社長 兼 CEOのジム・ライアン氏が、2024年3月に退任することを発表。ソニーグループ社長 COO 兼 CFOの十時裕樹氏が、現在のソニーグループでの職務を継続しつつ、2023年10月付でSIEの会長に、2024年4月1日付でSIEの暫定CEOに就任することもあわせて発表した。

 ジム・ライアン氏は、1994年にソニー・コンピュータエンタテインメントヨーロッパ(現ソニー・インタラクティブエンタテインメントヨーロッパ)に入社。以降、SIEE社長やSIEのグローバルセールス&マーケティング統括などの重職を歴任。2018年1月からはSIEの副社長、その後、社長 兼 CEOを務め、約30年間にわたりプレイステーション事業に携わってきたという。

 今後は十時氏とソニーグループ会長 CEOの吉田憲一郎氏ならびに、SIEの経営チームと緊密に連携しながら、SIEのCEO承継を含むプレイステーション事業の今後の方向性についての検討を行っていくとしている。

ソニー・インタラクティブエンタテインメント
プレスリリース<

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]