サムスン、小型で脱着可能なPC向けメモリーモジュール「LPCAMM」を発表

Cho Mu-hyun (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 高森郁哉 (ガリレオ)2023年09月27日 11時10分

 韓国のサムスンは現地時間9月26日、業界初となる「LPCAMM」(低消費電力圧縮接続メモリーモジュール)フォームファクターを開発したと発表した。2024年にIntelのプラットフォームに搭載される見込みだとしている。

LPCAMM
提供:Samsung

 この新しいフォームファクターは、LPDDR(低消費電力ダブルデータレート)DRAMとDDRベースSO-DIMMの両方の利点を併せ持ち、コンパクトで着脱可能だ。

 そうした長所により、LPCAMMは「デスクトップとノートPC向け、さらにはデータセンター向けのDRAM市場を変革する可能性がある」とサムスンは述べている。

 LPDDR DRAMはコンパクトだが、マザーボードに固定されている。そのため、このフォームファクターはモバイルデバイスに広く使用されており、メーカーが新デバイスのRAM容量を強調する理由にもなっている。

 一方、SO-DIMM(Small Outline Dual In-line Memory Module)は容易に脱着でき、修理する際は便利だが、性能と物理的設計の点で限界がある。

 サムスンによると、LPCAAMは、脱着可能でありながらコンパクトなフォームファクターなので、デスクトップおよびノートPCメーカーがデバイスを製造する際の柔軟性を高められる。

 また、LPCAMMは、マザーボード上の設置面積をSO-DIMM比で最大60%削減する。同時に、LPCAMMの性能は最大50%向上し、電力効率は最大70%向上したという。

 サムスンは、これまでLPDDRの電力効率に関心を示してきたデータセンターとサーバーの業界も、将来はLPCAMMフォームファクターを採用する可能性があると期待している。LPDDRはマザーボードに固定されているため、データセンターやサーバーでDRAMをアップグレードする際にはマザーボード全体を交換する必要があった。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]