「AirPods」は「Pro」のみUSB-C対応か--その他のモデルは2024年以降

Jada Jones (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部2023年09月11日 09時31分

 米国時間9月12日に予定されている「iPhone 15」の発表に先立ち、USB Type-C(USB-C)を新たに採用するApple製品は、新型「iPhone」だけではないといううわさが飛び交っている。

AirPods
提供:Jada Jones/ZDNET

 Appleは、「iPhone 14」、「iPhone 14 Plus」、「AirPods Pro(第2世代)」を、USB-C充電ポートを搭載して再発売すると臆測されている

 Bloombergによると、基本モデルの「AirPods」とハイエンドモデルの「AirPods Max」がUSB-C対応になるのは、2024年だという。

 AirPods Maxと基本モデルのAirPodsは、当面、USB-C充電に対応しないだけでなく、「iOS 17」の新機能としてAirPods Proに追加される「適応型オーディオ」と「会話感知」にも対応しない。

 その理由として最も可能性が高いのは、Appleの「H1」チップが搭載されていることだ。H1チップは、AirPods基本モデルの3世代すべてに採用されている。一方、AirPods Pro(第2世代)には、アップデートされた「H2」チップが採用されており、この新しいプロセッサーを搭載するApple製イヤホンは、同製品だけである。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]