「Bing」のAIチャット、デスクトップ版「Chrome」に正式対応

Lance Whitney (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部2023年08月30日 12時34分

 Microsoftは米国時間8月25日、同月に実施した「Bing」関連のアップデートを明らかにした。

 まず、個人および法人向けの「Bing Chat」ツールがデスクトップ版「Google Chrome」ブラウザーから公式に利用できるようになった。Chromeユーザーであっても、「Bing」のウェブサイトにアクセスしてチャットのセッションを開始し、対話形式を選択することで、情報の検索やコンテンツの生成が可能だ。

Bing
提供:Microsoft

 Bingの人工知能(AI)機能は7月下旬から、Microsoftのブラウザー以外、すなわち「Windows」上のChromeや、Appleの「macOS」上の「Safari」を使用している少なくとも一部のユーザーに向けて提供が開始されていた。そしてMicrosoftは8月に入り、同社のAIをより多くのサードパーティー製ブラウザーで利用可能にすることを明らかにしていた。

 筆者の環境では、「Windows 10」と「Windows 11」、macOSのChromeからBingのAIを利用することができた。Windows搭載PCの「Firefox」からもアクセスできたが、他のコンピューターからはできなかった。Firefoxのサポートはもう少し先になるようだ。

 MicrosoftはBingのAIがChromeをサポートするようになったことだけでなく、他の機能強化についても発表している。

 「Bing Chat Enterprise」を導入している組織は、「Edge」のモバイルアプリからもこの新サービスにアクセスできるようになった。アプリを開き、仕事用アカウントでサインインした後、Bing Chatボタンを押せば同サービスを利用できる。

 さらに、「iPhone」「iPad」および「Android」搭載端末で、「Microsoft SwiftKey」キーボードからBing Chatに1日あたり30ターンのアクセスが可能になった。Microsoftアカウントへのサインインは不要だ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]