「Gmail」、リスクのある操作に2段階認証を求める機能を追加

Artie Beaty (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2023年08月29日 11時22分

 Googleは2022年、「Google Workspace」を改善するにあたり、Workspaceアカウントの安全性を確保するために新たなセキュリティ機能を導入した。そして今回、この予防策を「Gmail」にも導入すると発表した。

PCと鍵のイラスト
提供:filo/Getty Images

 Googleは米国時間8月23日から、Gmailで「機密情報に関する操作」を実行しようとしているユーザーに認証画面を表示し、変更を加えようとしているユーザーが本人であることを確認できるようにする。

 Googleは、「機密情報に関する操作」を3種類に分けて定義している。新しい本人確認画面が表示されるのは、まず、受信メッセージのフィルターを作成、編集、インポートする場合だ。2つ目は、新しい転送アドレスを追加する場合。そして3つ目は、IMAPアクセスを有効にする(他のプラットフォームからGmailをチェックできるようにする)場合だ。3つ目の設定が表示されるかどうかは、Workspace管理者側の設定による。

 このいずれかの操作をすると、確認のプロンプトが表示され、2段階認証を求められる。認証が失敗、または完了しない場合、認証されたすべてのデバイスに重大なセキュリティ警告の通知が送信される。

確認のプロンプトと2段階認証の画面
提供:Google

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]