「Spotify Premium」、米国で近日中に値上げか

Ty Pendlebury (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2023年07月24日 10時28分

 Spotifyが早ければ今週にも、サブスクリプション制音楽配信サービス「Spotify Premium」の料金を米国で月額1ドル(約142円)値上げする予定だとThe Wall Street Journalが報じた。今後数カ月以内に世界中で同様の値上げが実施されるだろうと記事は伝えている。

Spotifyのロゴを表示したスマホ
提供:Sarah Tew/CNET

 Spotifyは月額10ドル(日本では980円)を維持してきた最後の音楽配信サービスの1つであり、11ドルになれば、「Apple Music」(現在は10.99ドル、1080円)と「YouTube Music Premium」(現在は10.99ドル、980円)に続く値上げとなる。Spotifyは料金の支払いをめぐりAppleと長期にわたって対立していたが、7月に入りPremiumユーザーが「App Store」経由で料金を支払えないようにした。

 調査会社Statistaによると、Spotifyは有料会員数が世界で2億1000万人にのぼる最も人気の高いストリーミングサービスだ。8000万曲以上の楽曲を(Ogg形式で)配信し、ポッドキャストやオーディオブックなども提供している。

 同社は、2021年よりロスレスオーディオに対応した独自のプレミアムHiFiサブスクリプションを予告しているが、まだ導入していない。2018年からは広告付きプランを提供している。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]