「Googleレンズ」、皮膚の状態を検索可能に--説明しづらい症状にも

Gael Fashingbauer Cooper (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2023年06月16日 08時29分

 腕にできたこのほくろは何だろうか。突然できたこの発疹は、何か厄介な問題の兆候だろうか。誰もが皮膚科医ではないのだから、皮膚の状態が心配になる可能性はある。Googleが「The Keyword」ブログに米国時間6月14日に掲載した記事によると、気になる皮膚トラブルの写真をアップロードすれば、「Googleレンズ」の画像認識技術によって、視覚的に一致するものを検索できるようになったという。

Googleレンズで皮膚の状態を確認する様子
提供:Screenshot by Gael Fashingbauer Cooper/CNET

 この機能はもちろん、医療診断に代わるものではない。しかし、いつもと違う状態について詳しい情報を取得して、少なくともそれをどのように言い表すのが最も適切なのかを判断するために、役立つ可能性がある。

Googleレンズで皮膚状態を検索する方法

 その手順は以下のとおり。

  1. 携帯端末で「Google」アプリを起動する。
  2. 検索バーの右側にある、マルチカラーのカメラのような見た目のレンズボタンをタップする。
  3. Googleレンズで皮膚状態を撮影するか、撮影済みの写真を1枚選択する。
  4. シャッターボタンをタップして検索する。
  5. 検索画像に視覚的に一致するものが表示される。
  6. 写真の下に複数の診断候補が表示される。いずれかをクリックすると、類似の写真をスクロールして閲覧できる。

 「この機能は、唇の隆起、爪の線、頭の脱毛など、体にできたそれ以外のものをどのように言い表すか分からない場合にも使用できる」とGoogleは説明している。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]