モトローラ、折りたたみスマホの2023年版「razr」「razr+」を発表

June Wan (ZDNET.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2023年06月02日 11時40分

 Motorolaは米国時間6月1日、折りたたみスマートフォンの新モデル「razr」(2023年版)と「razr+」を発表した。北米以外での名称はそれぞれ「razr 40」「razr 40 ultra」となっている。

razr+
razr+
提供:June Wan/ZDNET

 Motorolaのクラムシェル型折りたたみ式スマートフォンは、最初のバージョンが2020年に発表され、2022年後半にバージョン2が中国限定で発売されたため、厳密に言えばこれが第3弾だ。

主力モデルのrazr+

 razr+の方が高性能で主力モデルとなる。より大型の3.6インチカバーディスプレイ、より高性能なQualcomm製プロセッサー「Snapdragon 8+ Gen 1」、256GBのストレージを備え、価格はサムスンの「Galaxy Z Flip4」と同じ999ドル(約13万9000円)だ。

razr+
提供:June Wan/ZDNET

 開くと、板状に固定されたかなり印象的なスマホが現れる。リフレッシュレート165Hzで6.9インチの縦長POLEDディスプレイ、デュアルステレオスピーカー、パンチホール仕様の3200万画素フロントカメラ、最新バージョンの「Android 13」を搭載している。ディスプレイ内指紋センサーを採用し、完全ではないが優れた防塵・防水性能(IP52等級)を備えている。

razr+
提供:June Wan/ZDNET

 大半のユーザーは、四隅まで広がる大きなカバーディスプレイのおかげでrazr+に引きつけられるだろう。razr+のカバーディスプレイは、通常の音楽コントロールや、情報がひと目で分かる通知、アラームクロックの他に、パーソナライズ可能な「パネル」を表示できる。3.6インチの画面にアプリとウィジェットのスライドが詰め込まれていると思えばいい。

razr+
提供:June Wan/ZDNET

価格を抑えたrazr

 razr+とともに、単純にrazrと命名された控え目なモデルも登場する。Motorolaによると、razr+より低価格で2023年中に発売されるという。筆者の推測では、800ドル(約11万1000円)前後だろう。

razr
提供:June Wan/ZDNET

 その根拠は、ベースとなるフレームワークがrazr+モデルと同じだからだ。本体は大きさや厚さ、重量がrazr+を大幅に下回るわけではなく、ディスプレイは開いた状態で6.9インチ、リフレッシュレートは144Hzだ。

 価格が安い代わりに犠牲になったものが3つある。最も分かりやすい違いは、カバーディスプレイのサイズ(3.6インチではなく1.5インチ)で、それでもタッチ操作はできる。

razr+(左)とrazr
razr+(左)とrazr
提供:June Wan/ZDNET

 6400万画素のメインカメラも、センサーがrazr+より小型なため、低照度撮影の性能と全体的な細部の表現の点で差があるかもしれない。また、razrが搭載しているのはQualcommの「Snapdragon 7 Gen 1」チップなので、客観的に見て、razr+のSnapdragon 8+ Gen 1よりも性能が劣る。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]