ANA、NFT事業に参入--エアライングループ初のNFTマーケットプレイスを開始

 全日本空輸(ANA)とANA NEOは、ブロックチェーン技術を活用した新たな事業として、NFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)事業を開始したと発表した。

 
 

 ANA NEOは、エアライングループとして世界初とうたうNFTマーケットプレイス「ANA GranWhale NFT MarketPlace」を開始。バーチャルトラベルプラットフォーム「ANA GranWhale」とともに事業を推進していくという。また、ANAでは「ANA NFT コレクション」として、初めてNFT商品の販売を行うとしている。

 NFTは、デジタルアセットを所有権として表現するための技術であり、現在は主にアートや音楽などの分野で活用されている。ANAグループでは、顧客との新たなつながりを生み出すことを目的として、NFTを航空業界に応用し、事業を推進していくという。

 
 

 NFT商品の第1弾として、航空写真家のルーク・オザワ氏初のデジタル写真を販売する(価格は10万円)。その内、1点は写真の現像元であるポジフィルム付きになる。

 第2弾は、6月7日よりANAがローンチカスタマーとして世界で初めて導入したボーイング787初号機の特別塗装機と、当時デザイン案として検討されていた幻のデザインを3Dモデルの飛行機として販売する(価格は7870円)。

 
 

 今回は、ANAを含め計4社(ixaid、THE FIVE、全日空商事)からのNFT商品の販売を予定。今後も、NFT商品のラインナップを増やしていくという。

 ANAグループでは、今後日本各地の特産品などのNFT商品化を視野に入れながら、「ANA GranWhale NFT MarketPlace」を通じて、地域や海外を含めた体験価値の向上を目指していくとしている。

 
 

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]