Microsoft Build

マイクロソフト、「ChatGPT」のプラグイン規格を採用

Maria Diaz (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部2023年05月24日 09時15分

 Microsoftは、年次開発者会議「Microsoft Build 2023」で、人工知能(AI)アプリの開発を簡素化することを目的とした一連の発表に加えて、OpenAIが「ChatGPT」に導入したのと同じオープンプラグイン規格を採用することを発表した

Microsoft 365 Copilot
提供:Maria Diaz/ZDNET

 これによって開発者は、これまでよりも簡単にプラグインを構築し、OpenAIの「GPT-4」を基盤とする新しいBingチャットの強力な構造を使用できるようになる。こうしたプラグインによってBingは、ユーザーがBingのチャットウィンドウの中で食料品の注文や物件の検索、レストランの予約をしやすくなるよう支援できるようになる。

 開発者は、ビジネスとコンシューマー向けの両方のインターフェースで動作するプラグインを1つのプラットフォームで作成でき、情報源とプログラム(ここではAIシステム)をつなぐ橋として機能するプラグインを作成できる。これによってコパイロットは、リアルタイムのデータを取得し、プロプライエタリなビジネスデータを組み込み、複雑な計算を行い、ユーザーに代わってアクションを実行できる。

 「プラグインは、コパイロット(つまりAIシステム)開発者がコパイロットに、今は具現化されていない機能を実装してデータに接続し、構築中のシステムに接続する能力を与えるための手段である」と、Microsoftの最高技術責任者(CTO)であるKevin Scott氏は述べた。「これはゆくゆくは、驚くほど豊富なプラグインのエコシステムになると私は考えている」(Scott氏)

 また、これまでに発表されているOpenTableとWolfram Alphaのプラグインに加えて、Zillow、Klarna、Instacart、Kayak、RedfinなどがBingに追加される予定だ。この統合によって、Bingチャットから直接これらのサービスにアクセスできるようになる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]