グーグル、「Wear OS」の機能強化を発表--次期Wear OS 4は年内リリースへ

Mike Sorrentino (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2023年05月11日 13時30分

 Googleは米国時間5月10日、「Wear OS」に複数の改良を加えること、さらに2023年内には次期バージョン「Wear OS 4」へのメジャーアップデートを行うことを、年次開発者会議Google I/Oで発表した。

Pixel Watch
Pixel Watch
提供:Google

 改善点の1つは、「Gmail」と「Googleカレンダー」へのアクセスが可能になることで、これによりメールにすばやく返信できるほか、スケジュールのチェック、イベントの出欠の返事、タスク状況の更新がスマートウォッチからできるようになるという。バッテリー持続時間も改善するとしている。

 Wear OS版のGoogle Homeアプリも刷新され、離れた場所からドアの鍵を解錠したり、「Google Nest Doorbell」の通知を確認したりできるようになる。

 Wear OSに関する発表では、サードパーティーアプリに関する話題もあった。その1つは、チャットサービスの「WhatsApp」が初のWear OSネイティブアプリをリリースするというものだ。これにより、Wear OS搭載ウォッチから直接メッセージや音声通話を利用できるようになる。さらに、「Spotify」と「Peloton」のWear OS版アプリにタイルが追加され、前者は音楽のプレイリスト、後者はワークアウトの詳細情報にすばやくアクセスできるようになるという。

Wear OS版WhatsAppアプリの動作 Wear OS版WhatsAppアプリ
提供:Google

 2023年内にリリース予定のWear OS 4では、テキスト読み上げが高速化し、バックアップ機能に対応する見込みだ。バックアップ機能では、現行の「Android」スマートフォンの設定プロセスと同じように、これまで使っていたウォッチから新しいウォッチへのデータと設定の移行がさらに容易になる。

 Google I/Oの基調講演はAI関連の発表に重点を置いたものとなった。これには大規模言語モデル「PaLM 2」、AIで強化された検索エンジン、AIチャットボット「Bard」の一般公開などが含まれる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]