アップル共同創設者のS・ウォズニアック氏、AIで詐欺は見分けにくくなると警告

Nina Raemont (CNET News) 翻訳校正: 編集部2023年05月10日 09時57分

 人工知能(AI)によって、詐欺を見分けて回避することが難しくなる可能性がある。Appleの共同創設者であるSteve Wozniak氏は米国時間5月8日、悪人が同技術を利用する可能性があると、BBCに対して語り、業界のリーダーらに対して、規制の強化を求めた。

Steve Wozniak氏
提供:James Martin/CNET

 Wozniak氏は、生成AIが人間に置き換わるという、AIの将来的な利用に関する議論の中で語られる一般的な懸念については懐疑的だが、AIを利用するツールが、人間のように思える可能性については確信している。OpenAIの「ChatGPT」のような大規模言語モデルを活用したプログラムを使用することで、悪人は怪しげな詐欺を作り出して簡単にオンラインに蔓延させられるようになる。

 「AIは非常に賢く、身元を偽って詐欺を働こうとする悪人も、これを利用できる」と、同氏はBBCに対して語った。同氏は、AIを開発する企業に責任を持たせるための厳格な業界基準を望んでいるが、規制当局がこれに正しく対処するかについては疑問視している。「金銭に駆り立てられた勢力が勝利するというのはよくあることで、それは悲しいことだと思う」と同氏は述べた。

 OpenAIのChatGPTが2022年に公開されてから、生成AIソフトウェアが続々とリリースされている。これらのソフトウェアは、コード作成や休暇の計画のほか、詩を書いたり、あらゆる質問に答えたりできる。Microsoftが、AI搭載の新しい「Bing」をリリースしたのに続いて、Googleは3月、独自のAIチャットボット「Bard」を発表した。MetaやTwitterも、独自のAI製品開発に取り組んでいる。

 同月には、Wozniak氏やElon Musk氏を含む、1000人を超えるAIやITなどの業界のリーダーが、規制が全くないままではこれらのシステムが「深刻なリスク」をもたらしかねないとして、「ChatGPT 4」以降のAIプログラム開発の一時停止を求める書簡に署名した

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]