アップル、「watchOS 10」で大幅アップデートを計画か--ウィジェットが中心に

Shelby Brown (CNET News) 翻訳校正: 編集部2023年05月02日 08時31分

 Appleは6月の年次開発者会議「Worldwide Developers Conference」(WWDC)で、「watchOS 10」の大型アップデートを発表する可能性がある。Bloombergが米国時間4月30日に伝えたところによると、このアップデートにより、ウィジェットを再び中心的な機能に据えるという。

Apple Watch
提供:Apple/CNET

 Appleは当初、「Apple Watch」にウィジェットを組み込んでいたが、その後ウィジェットを廃止して、代わりに、通知やマルチタスキングツールといった、よりクリーンなユーザーインターフェースを導入した。Bloombergによると、watchOS 10では、「アプリを起動する代わりに、アクティビティトラッキング、天気、株価、カレンダーの予定など、さまざまなウィジェットをスクロールできるようにする計画」だという。

 watchOS 10には、「Apple Watch Series 9」の新機能に関するヒントが含まれている可能性もある。Series 9は、「iPhone 15」シリーズとともに2023年秋に発表される可能性が高い。この次期Apple Watchは、新しいセンサーや、血糖値モニタリングなどのより詳細なヘルスケア機能に加えて、microLEDディスプレイを搭載する可能性があるとうわさされている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]