「アイマス ミリオンライブ!」10thライブツアーAct-1で感じた“思い出がよみがえるステージ” - (page 2)

 DAY2も高木社長と小鳥による前説や注意事項、開演を告げるブザー音にオーバーチュアが流れ、オープニングナンバーは「Thank You!」。DAY1からキャスト陣が総入れ替えとなったことで、また違った歌声が響き渡っていた。自己紹介や4thライブまでの振り返り公演、衣装の説明をするなかでは、DAY1と同様にぎやかな雰囲気を出しつつも、DAY2でもプロデューサーさんの声が聞こえることの喜びや、DAY1を受けて気合いが入っていることなどが語られた。

「Thank You!」(DAY2:1曲目)
「Thank You!」(DAY2:1曲目)

 ここからDAY1と同様に、ソロ曲やユニット曲を次々と披露していく流れに。その最初は「ドリームトラベラー」(大関さん、麻倉さん、原嶋さん、髙橋さん、稲川さん)。ユニット「ミックスナッツ」のオリジナルメンバーである髙橋さん、大関さん、原嶋さんに朝倉さんと稲川さんが加わる形で披露。ロケットや宇宙旅行をイメージさせる映像を背景に歌い、“ミリオン”を示す「M・I・L・L・I・O・N」のコールも響き渡っていた。

 ここからは、そのアイドル初めてのソロ曲披露が続く。阿部さんによる「POKER POKER」では、トランプを華麗に扱うような振り付けを見せつつ、瑞希としての歌声で魅了するように歌っていく。駒形さんは「君想いBirthday」で、アップテンポで紡がれる淡い恋心を描いた楽曲を、豊かな表現力をもって披露。桐谷さんによる「ハッピ~ エフェクト!」では、蝶をイメージするような振り付けや美也として歌うときの柔らかい歌声で歌い、終盤のラップも決めつつ、幸せと笑顔が広がっていくような雰囲気を作っていた。

 原嶋さんが歌う「グッデイ・サンシャイン!」では、はじめてのおつかいの道中を描いた楽曲で、育そのものと感じさせるような楽しさとかわいらしさあふれるステージに。大関さんは「スマイルいちばん」を披露。美奈子を感じさせる「わっほーい!」のジャンプをはじめとして、終始笑顔で元気に歌う。1stライブでこの曲を歌い、そのころから出演している大関さんだからこその、“今のスマイルいちばん”が伝わるものとなっていた。

 「ジャングル☆パーティー」(Machicoさん、諏訪さん、駒形さん、木戸さん、髙橋さん、稲川さん、近藤さん、山口さん)では、オリジナルを歌う稲川さんを中心に、いたるところに織り交ぜられたコール、そして大人数ではしゃいでいるぐらいのにぎやかさも相まって、テンションが上がりまくるようなステージとなっていた。

「ジャングル☆パーティー」(DAY2)
「ジャングル☆パーティー」(DAY2)

 DAY2でもMCパートは、キャスト陣が分かれての振り返りトークに。初めて出演したナンバリングライブでの様子や、今回どのような心境で歌ったかなどが語られた。

 今度はステージ上段にスタンドマイクが設置され、歌われたのは「P.S I Love You」(小岩井さん、髙橋さん、阿部さん、近藤さん、山口さん、愛美さん)。ユニット「ピスケス」のオリジナルメンバーである小岩井さんと近藤さんが中心となり、セクシーでアダルティな雰囲気ただようジャズナンバーを歌い、最後は小岩井さんと近藤さんによる「I Love You」の一言でハートを打ち抜くような魅了するステージを展開。

「P.S I Love You」(DAY2)
「P.S I Love You」(DAY2)

 夜の大人の雰囲気から一転して、「Good-Sleep, Baby♡」(原嶋さん、木戸さん、稲川さん)に。ミリオンライブ!からのアイドル(キャスト)では初めてオリジナルメンバーがそろった形(※オリジナルの歌唱メンバーは、高槻やよい役の仁後真耶子さんも含めた4人)で、スクリーンに描かれたたくさんのお星様を背景に、安眠できそうなおやすみソングを披露した。

「Good-Sleep, Baby♡」(DAY2)
「Good-Sleep, Baby♡」(DAY2)

 ゆったりとした雰囲気は続き、「Smiling Crescent(Long Intro Ver.)」(麻倉さん、桐谷さん)では、オリジナルメンバーの2人がそろって、スクリーンにお月様も描かれるなかで、大規模会場に癒やしの空間を作り出し、最後は手をつないで歌いきっていた。さらに「Melody in scape」(大関さん、駒形さん)では、幻想的な雰囲気のなかで2人が持つ歌唱力を存分に発揮する形で披露。終盤のロングトーンも印象的なものに。

「Smiling Crescent(Long Intro Ver.)」(DAY2)
「Smiling Crescent(Long Intro Ver.)」(DAY2)
「Melody in scape」(DAY2)
「Melody in scape」(DAY2)

 ざわつきが起きたのは「合言葉はスタートアップ!」(諏訪さん、小岩井さん、桐谷さん)。オリジナルは765プロの先輩アイドルで構成されたユニット「レジェンドデイズ」で、この公演では珍しくオリジナルメンバーがいない形。一方で、朋花、まつり、美也の3人について、ソーシャルゲーム版(※現在はサービスを終了)やスマホゲーム「アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ」(ミリシタ)における美也のカードイラスト「マイペースユニット」で、3人の歌っている姿が描かれている。そんな3人によるカバーということもあり、盛り上がりを見せていた。

「合言葉はスタートアップ!」(DAY2)
「合言葉はスタートアップ!」(DAY2)

 ここでのMCパートでは、3rdライブの思い出として触れられた、麻倉さんが愛美さんからされた“壁ドン”をこのステージでも再現する流れとなり、麻倉さんは膝から崩れ落ちる。さらに新しい思い出を作ろうとして、逆に麻倉さんが愛美さんへの壁ドンに挑戦するも、照れてできないという光景が展開され、ステージでもプロデューサーさんも盛り上がっていた。

 ライブも中盤というところで披露されたのは「HELLO, YOUR ANGEL♪」(原嶋さん、小岩井さん)。ポップな曲調のなかで、原嶋さんが醸し出す育としての“天使感”と、小岩井さんから醸し出す朋花としての“聖母感”で、笑顔がこぼれるような幸せな空間を作っていった。

「HELLO, YOUR ANGEL♪」(DAY2)
「HELLO, YOUR ANGEL♪」(DAY2)

 山口さんは、莉緒最初のソロ曲である「Be My Boy」を歌う。セクシーな雰囲気と優しさを感じさせる歌声で、女性の繊細な心情を表現。髙橋さんによる「水中キャンディ」では、美しいメロディーと卓越した表現力で世界観を伝えつつ、決意を表す楽曲を歌っていた。

 木戸さんが披露したのは、「オリジナル声になって」。歌が大好きな可奈の気持ちと、木戸さんの成長を感じさせる歌声と笑顔まじりに穏やかな表情で歌う姿は、心に直接響くものに。近藤さんによる「ちいさな恋の足音」では、切なさを感じさせる曲調のなかで、可憐の臆病で気弱でも自分を変えたいという気持ちを表すような、心の強さも感じる歌声を響かせていた。

 じっくりと聴かせるような楽曲が続いたなかで歌われたのは「たしかな足跡」(Machicoさん、大関さん、麻倉さん、木戸さん、阿部さん、山口さん)。オリジナルは莉緒と三浦あずさ(たかはし智秋さん)のデュオとなっているなかで、並木道の映像を背景に、6人の歌声が紡ぐ豊かな表現もさることながら、このタイトルと、前を向いて歩んでいくことを示す楽曲は、10周年を迎えた公演だからこそ響くものとなっていた。

「たしかな足跡」(DAY2)
「たしかな足跡」(DAY2)

 このブロックの最後は「瞳の中のシリウス」(諏訪さん、駒形さん、桐谷さん、近藤さん、愛美さん)。落ち着いた雰囲気のなかで歌われるウインターソングは、穏やかな気持ちにさせてくれるもの。星座や流れ星が映し出されるスクリーンを背景に、美しい歌声を響かせていた。

「瞳の中のシリウス」(DAY2)
「瞳の中のシリウス」(DAY2)

 MCでは、ここまでの楽曲の流れもあってか、これまでのライブの思い出が語られるなかで、当時の緊張の度合いや、今でも緊張すると口にするキャストもいたほか、近藤さんが、以前から友人という山口さんと2ndライブで一緒のステージに立てた一方、そのあと同じ日に出演することがなく、この場で一緒になれたことの喜びを語っていた。

 最終ブロックは盛り上がるソロ曲が続いていく。ステージの緞帳があがり、膝立ち状態の麻倉さんが姿を見せ、歌ったのは「トキメキの音符になって」。4thライブまでは多くの場面で歌い、魅了してきた星梨花最初のソロ曲を久々に披露。キュート感あふれるステージに麻倉さんからの呼びかけもあって、全力の歓声とコールが響き渡っていた。さらに諏訪さんによる「カーニヴァル・ジャパネスク」では、アップテンポで紡がれる日本のお祭り感を感じさせる楽曲で、コール&レスポンスを織り交ぜながら、祭りのにぎやかを会場中から感じられるものに。

 そのにぎやかな雰囲気を受け継いで、稲川さんが「BOUNCING♪ SMILE!」を歌う。“オトナ”への応援ソングを、元気いっぱいの環そのものと思われる稲川さんのパフォーマンスによって、みんなこの場がとにかく楽しい、楽しんでいると感じているようなステージに。ここから一転した空気になり、小岩井さんの「Maria Trap(Long Intro Ver.)」に。冒頭では、同じく朋花のソロ曲「鳥籠スクリプチュア」の間奏にある“天空騎士団 七の誓い”を、統率がとれているように一緒に読み上げたあと、スタンドマイクを前にして歌い始める。どこかミステリアスな曲調のなかで、力強い歌声を響かせていた。

 Machicoさんは「Believe my change!」で、8人のダンサーが登場し迫力あるステージを披露。疾走感あふれる楽曲に抜群の歌唱力もさることながら、どこか“翼”を広げたようにも見える間奏でのV字形で並んだフォーメーションも見せ、前に向かって突き進む気持ちを表現するものとなっていた。そしてソロ曲の最後として登場したのは愛美さんで、歌ったのは「プラリネ」。ギター奏者の一面も持つ愛美さんが、スタンドマイクを前に自らのギター演奏によって歌い進めていく。そのギタープレイとまっすぐに歌う姿で魅了していった。

 愛美さんが歌い終わったあとに手を突き出し、指につけていた指輪にキス。そしてステージに3人の姿がライトで映し出されると、察したプロデューサーさんからは大歓声。ここで歌われたのは「アイル(Harmonized ver.)」(Machicoさん、阿部さん、愛美さん)。「アイル」は、「ゲッサン」で連載された漫画「アイドルマスター ミリオンライブ!」から生まれた楽曲で、そこで描かれている流れを3rdライブツアー幕張公演でも再現していた。振り返り公演というコンセプトとこの3人が出演しているならば、と期待していたプロデューサーさんも多いと思われるなか、それをはるかに超えたと思えるようなMachicoさんの全力歌唱、阿部さんの美しく伸びるコーラス、愛美さんによるギタープレイで、成長した今だからこそ表現できた「アイル」に、場内も、このあと登場したキャスト陣も大興奮という状態になっていた。

「アイル(Harmonized ver.)」(DAY2)
「アイル(Harmonized ver.)」(DAY2)

 熱気が最高潮といったなかで、少し落ち着かせるようなMCを経て「Dreaming!」へ。DAY2でも円陣を行って一体感を高めたところで本編を一区切り。アンコールとDAY2としての業務連絡(情報告知)を経て、10周年記念衣装のリ・プロローグ・Xに着替えたメンバーが登場。10周年記念楽曲である「Crossing!」を披露した。

「Dreaming!」(DAY2)
「Dreaming!」(DAY2)
「Crossing!(Long Intro Ver.)」(DAY2)
「Crossing!(Long Intro Ver.)」(DAY2)

 終盤の挨拶では、山口さんの提案でアイドルの名前が書かれたタオルをプロデューサーさんたちが掲げてもらい、それをみんなで見つけてはお礼を言う一幕も。ほかにも軽妙なトークで笑いが絶えない雰囲気になりつつも、プロデューサーさんの声が聞けたことの喜びや、ツアーのこの先も駆け抜けていくという意気込みも語られた。そしてラストナンバーは、この日も「Thank You!」。ステージのいろいろなところから感謝を伝えるように歌い公演を締めくくった。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]