スクエニ、自然言語処理を体験できる「ポートピア連続殺人事件」のテックデモを公開へ

 スクウェア・エニックスは4月21日、「ポートピア連続殺人事件」をテーマとしたAIテックプレビューとして、NLPアドベンチャー「SQUARE ENIX AI Tech Preview: THE PORTOPIA SERIAL MURDER CASE」を、Steam向けに4月24日から公開すると発表した。価格は無料。

 これは、1983年にエニックスからリリースされたPC版アドベンチャーゲーム「ポートピア連続殺人事件」(作:堀井雄二)を通して、 AI技術のひとつである「自然言語処理(Natural Language Processing:NLP)」という技術を構成する「自然言語理解(Natural Language Understanding:NLU)」について体験できるソフト。

 当時のアドベンチャーゲームは「コマンド入力式」と呼ばれ、プレイヤーが自由に文字列を入力することで、キャラクターの行動を決定し、物語を進めていくシステムとなっていた。このシステムはプレイヤーに大きな自由度を与えられる反面、すべき行動がわかっているのに、適切な文字列がわからないという理由で、プレイ体験を阻害してしまう問題を抱えていたという。それは、当時のPCの性能や、自然言語に対するアルゴリズムの限界によるものと指摘する。技術の発展により、シナリオを進めるために必要な文字列の自由度が格段に増え、プレーヤー自身の言葉で物語を進められることを目指し、今回の研究開発を行ったという。

「SQUARE ENIX AI Tech Preview: THE PORTOPIA SERIAL MURDER CASE」
「SQUARE ENIX AI Tech Preview: THE PORTOPIA SERIAL MURDER CASE」

 「ポートピア連続殺人事件」をテーマとして、現在の自然言語処理とはどのようなものか、自然言語処理がアドベンチャーゲームに及ぼす影響とは何なのかを体験し、自然言語処理という技術への理解を深めてもらうためのテックプレビューとして公開したとしている。

(C)1983 ARMOR PROJECT
(C)1985 SPIKE CHUNSOFT CO., LTD.
(C)2023 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]