Stellantis、既存エンジンで「eFuel」を試験--使用に問題なし、CO2排出削減効果は最大90%

 自動車メーカーグループのStellantisは、自動車向け合成燃料「eFuel」が既存の内燃機関(ICE)に適合するか試験を実施した。その結果、問題ないと確認できたうえ、最大90%の二酸化炭素(CO2)排出削減効果が期待されるとした。

 eFuelは、再生可能エネルギーで得た電力を使ってCO2と水素(H2)から作る、ガソリンのように使用可能な合成燃料。燃やすとCO2が排出されるものの、製造時にCO2を吸収するため、使用しても実質的な排出量をゼロにするカーボンニュートラルにつなげられるという。

 Stellantisは、eFuelの実用性や可能性を検証するため、28種類のガソリンエンジンおよびディーゼルエンジンを使って試験した。排気の成分、始動性、出力、耐久性、燃料経路に及ぼす影響などを調べ、問題ないと確認した。Stellantisグループの自動車、最大2800万台でeFuelを使用すれば、欧州全体で2025年から2050年のあいだに4億トンのCO2削減効果があるとしている。

 なお、Stellantisは欧州で販売する乗用車を2030年までにすべてバッテリー電気自動車(BEV)にする計画だが、まだ走り続けているエンジン車のCO2排出を抑える1つの手段としてeFuelの有用性を検討している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]