USB-Cポート搭載「iPhone 15 Pro」とされる画像が公開

Liam Tung (ZDNET.com) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2023年02月20日 11時11分

 TwitterユーザーのUnknownz21が、USB Type-C(USB-C)ポートを備えた「iPhone 15 Pro」だとする画像を公開した。

公開された画像
提供:Unknownz21

 Appleのワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデントGreg Joswiak氏は、「iPhone 14」シリーズ発表翌月の2022年10月、USB-Cを共通の充電端子として義務化する欧州連合(EU)の指令に従わざるを得ないと語っていた。

 Appleは、USB-Cポートを搭載するiPhoneのモデルを明らかにしていないが、欧州理事会が2022年10月にこの指令を正式に承認したため、デバイスメーカーは2年以内(2024年10月まで)に対応デバイスを出荷する必要がある。この期間を考えると、Appleは理論上、「iPhone 16」を最初のUSB-Cポート採用モデルにする可能性があるとみられていた。

 MacRumorsも報じている「iPhone 15 Pro」の画像はつや消しメタル加工が施されており、同デバイスがステンレススチールではなくチタンフレームになるとのうわさを裏付けている。

 Joswiak氏は10月、Lightningの利点について「主に充電性能」と発言していた。

 そうであれば、AppleがiPhone 14シリーズでLightningを維持したのもうなずける。「iPhone 14 Pro/Pro Max」は4800万画素のメインカメラセンサーを搭載しているが、Lightningの最大転送速度はUSB 2.0相当の480Mbpsとされている。

 USB-CタイプのUSB 3.1 Gen2に移行すれば、最大10Gbpsでの転送が可能だ。

Lightning/USB-C変換ケーブル
提供:NurPhoto / Contributor / Getty Images

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]