CCCと中部電力ミライズ、軽井沢で太陽光発電設備導入--居住エリアにもエネルギーシェア

 カルチュア・コンビニエンス・クラブと中部電力ミライズは2月9日、「でんきで絆をはぐくむ」まちづくりを目指した包括的連携協定を結んだと発表した。3月にオープンするコミュニティ施設「Karuizawa Commongrounds(軽井沢コモングラウンズ)」内の書店やカフェなどの店舗、近隣の居住エリアに太陽光発電設備を導入する。

「Karuizawa Commongrounds(軽井沢コモングラウンズ)」のイメージ
「Karuizawa Commongrounds(軽井沢コモングラウンズ)」のイメージ

 Karuizawa Commongroundsは、3月1日に中軽井沢にオープンするコミュニティ施設。所在地である軽井沢町は、持続可能な社会の構築に向けて協働し、環境の保全と創造を推進する「軽井沢町環境基本条例」を制定しており、両社は、エネルギーの地産地消と最適化を目指した社会連携型サービスを通じたまちづくりにより、地域のSDGsの目標達成とカーボンニュートラル社会の実現に貢献していく方針だ。

 コミュニティ内のエネルギーマネジメントによるエネルギー利用を最適化するほか、蓄電池にもなるEVを災害時の給電とシェアカーとしても活用するとのこと。太陽光発電、EVを活用した再生可能エネルギーのシェアリングコミュニティを構築していく。

 太陽光発電由来の再生可能エネルギーやEVをKaruizawa Commongroundsや近隣の居住エリアを含めたコミュニティ内で共同利用することで、再生可能エネルギーの有効活用や防災拠点としてのコミュニティの実現に取り組む。

サービス概要
サービス概要

 両社では、地域コミュニティのハブとなるKaruizawa Commongroundsを中心とした、地域住民との連携による再生可能エネルギーの地産地消の取り組みは、でんきで絆をはぐくむまちづくりの先進的な事例として、他の地域にも知見を活用していく。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]