グーグルのAIチャットボット「Bard」、デビュー早々に失態--不正確な回答を表示

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 編集部2023年02月09日 09時42分

 米国時間2月6日に公開されたばかりのGoogleのAIサービス「Bard」が、その能力を披露することを目的としたデモで不正確な情報を共有したとして、既に非難されている。

Googleのロゴを表示したスマホ
提供:Sarah Tew/CNET

 Googleは米国時間2月6日、「9歳の子どもに教えられるジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡(JWST)による新たな発見は何か」という質問に対する回答例を共有した。Bardはその回答として、3つの項目を挙げた。そのうちの最後の項目は、2021年12月に打ち上げられたJWSTは、太陽系外惑星の「初めての写真」を撮影した、という誤った回答だった。NASAによると、太陽系外惑星の初めての写真を撮影したのは欧州南天天文台(ESO)の超大型望遠鏡(VLT)で、2004年のことだという。

 この誤りは、複数の天体物理学者によってTwitterで指摘されNew Scientistによって8日に報じられた。

 この誤りは、GoogleやMicrosoftをはじめとする企業が、人工知能(AI)を搭載した新しいツールやサービスを開発する際に伴う、信頼性などの問題に関する懸念を浮き彫りにしている。Microsoftは7日、高い人気を誇るOpenAIの「ChatGPT」を支える技術を搭載する、「Bing」の新バージョンを発表した。OpenAIは、ChatGPTは誤った情報を返す可能性があることを強調しており、同社最高経営責任者(CEO)のSam Altman氏は2022年12月に、「現時点では、重要な物事に関してこれに頼るのは間違いだ」と言えるだろうと述べていた。

 現在のところ、Bardはまだ1つの実験であり、Googleは、改善するためにこのツールを試験していると述べている。

 「これは、厳格な試験プロセスの重要性を強調しており、われわれはそれを、『Trusted Tester』プログラムによって今週開始した」と、Googleの広報担当者は8日、電子メールで述べた。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]