NTT Com、フェムテック領域でビジネス共創--ヘルスケアデータ活用のコミュニティ

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は1月23日、フェムテック領域のビジネス共創、各フェムテックサービス事業者が保有するヘルスケアデータ活用を目的としたビジネス共創コミュニティ「Value Add Femtech Community」の創設を発表した。12の企業が参加する。

コミュニティ概要図
コミュニティ概要図

 同コミュニティでは、コミュニティに参加する事業者間で、各社が保有するデータやサービス、ソリューションを安全に利活用し、女性のQOL(Quality of Life)向上につながる新たな製品やサービスの開発などを検討するとしている。

 昨今、女性の心身の健康をサポートするテクノロジーとしてフェムテックが注目されている。しかし、フェムテック事業者の多くは、データの取り扱いの際の安全性や信頼性に関する課題について、技術的要因などにより、自社だけで解決することが困難な場合があるという。

参加企業
参加企業

 また、各事業者が保有するデータは、各社のサービスに必要な情報に限定されているため、利活用の範囲が限られている現状もあるという。そのため、データの安全な保管や本人同意の取得管理、匿名加工や秘密計算などによる機微な個人情報を安心安全に利活用できる技術と、事業者間の保有するデータを連携する仕組みが求められているといい、同コミュニティの創設背景となったと説明する。

 同コミュニティでは、NTT Comがヘルスケア業界向けプラットフォーム「SmartData Platform for Healthcare」を提供する。SDPF for Healthcareは、セキュアに統計分析ができる秘密計算、データセキュリティを実現する同意管理機能、認証連携機能、匿名加工機能などの機微な情報を扱うために必要な機能を備えており、安心安全なデータ利活用ができると謳う。また、コミュニティ参加事業者が保有する予防・治療・ケアにいたる各ステージにおける複数のデータを収集、蓄積、さらに分析、活用し、データの付加価値を向上させ、新たなヘルスケアサービスの開発を目指す。

 コミュニティ参加事業者は、女性の健康やライフステージに関するディスカッションの機会を通じて、健康のサポートにつながる製品・サービスを共同開発するなど、お互いの有するアセットを活用したビジネス共創を実現できるとしている。

 今後、同コミュニティ参加事業者とNTT Comは、共に定期的な取り組みを通じて、女性のQOL向上を目指す製品、サービス提供に取り組んでいくとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]