アマゾン、1万8000人超の人員削減を発表

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2023年01月05日 16時34分

 Amazonは、2022年11月に公表した人員削減の一環として1万8000人以上を解雇する計画だという。最高経営責任者(CEO)のAndy Jassy氏が米国時間1月4日に明らかにした

Amazonのロゴを表示したスマートフォン
提供:James Martin/CNET

 解雇の対象は複数の部門に及ぶとしながらも、大部分は人事とリテール事業部門だという。影響を受ける従業員には、18日以降に通知する。

 Jassy氏は、11月の時点で人員削減の規模を明らかにしなかったが、従業員の約3%に相当する約1万人を解雇するとみられていた。また同氏は、人員削減を2023年まで続けるとも説明していた。

 同社の2022年第3四半期決算(9月30日締め)では、売上高は増加したが利益は予想を下回り、第4四半期の見通しも売上高と利益がともに予想を下回った。

 この数カ月の間に、Jassy氏は、配送ロボット「Amazon Scout」のテストを停止した。また、遠隔医療サービス「Amazon Care」と、長年提供してきたオンラインの生地ストア「Fabric.com」を終了した。Amazonは9月、小規模チームの採用凍結を発表したのに続いて、11月には全社で雇用を凍結すると発表した。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]