「iPhone 15」うわさまとめ--USB-C、値上げ、ペリスコープ式レンズ、発売時期など

Sareena Dayaram (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2023年01月06日 07時30分

 「iPhone 15」シリーズは2023年秋まで登場しない可能性が高いが、Appleの次期スマートフォンに関しては、たくさんの疑問がある。iPhone 15では、USB-C充電端子が採用されるのだろうか。Appleは2023年に「iPhone」を値上げするのだろうか。そもそも「iPhone 15」という名称になるのだろうか。これらの問いの答えを知っているのはApple関係者だけだが、Appleが次のiPhoneイベントを開催するまで、いろいろなうわさが私たちの好奇心を刺激し続けてくれるだろう。以下で、これまでに流れたうわさの中から、大きく広まっており、信憑性が高いものをいくつか紹介する。iPhone 15がどんなものになりそうか、見ていこう。

figure_1
Dynamic Island機能は、Proだけでなく、今後登場するすべての iPhone 15モデルに搭載されるとうわさされている。
提供:Apple

デザイン:USB-C充電端子の採用

 欧州連合(EU)が公布した指令により、Appleは同地域で販売されるすべてのiPhoneを2024年末までにUSB-C充電端子に切り替える必要がある。そのため、デザイン面に関してこれまでで最も話題になっているうわさは、iPhoneの充電端子に関するものだ。問題は、AppleがiPhoneのすべてのモデルをUSB-Cに切り替えるのか、それともEUで販売されるモデルだけが対象になるのか、ということだ。Appleはすでに、地域によって異なるiPhoneモデルを提供している。具体的には、「iPhone 14」の米国モデルではeSIMのみの対応となっているが、それ以外の国のモデルには、従来のSIMカードトレイが搭載されている。

 しかし、TechsponentialのアナリストであるAvi Greengart氏は、Appleには、今後すべてのiPhoneをUSB-Cに移行させる十分な理由があると考えている。「電源供給やデータ転送に使用されるUSB-C端子については、より大きなエコシステムやセキュリティ、アクセサリーに関する考慮事項があるため、Appleは『iPhone 16』のタイミングですべてのiPhoneを(全世界で)USB-Cに移行させ、EUの規制に準拠する可能性が高いと思う」(Greengart氏)

figure_2
2012年のiPhone 5からずっと、iPhoneには、Lightningポートが搭載されている。通常、Androidスマホには、わずかに大きいUSB-Cが搭載されている。
提供:Stephen Shankland/CNET

デザイン:「Dynamic Island」が全モデルに拡大

 Appleは、iPhone 15シリーズで、引き続き4種類のモデルを提供する可能性が高い。うわさを信じるなら、それら4機種のデザインは概ね同じになりそうだが、iPhone 14では「Pro」モデルだけに搭載されていた「Dynamic Island」(表示領域のサイズや形が変化するノッチ)が、iPhone 15ではすべてのモデルで採用されるかもしれない。

 そのうわさの発信源は、ディスプレイアナリストのRoss Young氏だ。Young氏は9月のツイートで、サプライチェーンがサポートできないことから、iPhone 15の基本モデルでは、Proモデルのような高リフレッシュレートは採用されないと考えている、とも述べている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]