JR西、大阪で顔認証改札機の実証実験--「うめきたエリア」開業の3月18日から

 西日本旅客鉄道(JR西日本)は12月21日、2023年3月18日に開業予定の大阪駅(うめきた地下口改札)と新大阪駅(東口改札)において、顔認証改札機を設置し、実証実験を開始すると発表した。

キャプション

 JR西日本は、顔をキーとする新たな「チケットレス認証手法」を検証するため、デジタル技術とリアルを組み合わせ、次世代のシームレスな移動サービスの構築に向けた「顔認証改札機」を開発。近未来を感じさせる革新的なデザインと演出でワクワク感を体験でき、ゲートを設けず、同時に入出場が可能なウォークスルー型の改札機になるという。

キャプション
顔認証改札機のシステム構成イメージ

 顔認証改札機は、大阪駅(うめきたエリア)開業時に大阪駅(うめきた地下口改札)に設置する。新大阪駅東口改札にも簡易的な顔認証改札機を設置し、大阪駅~新大阪駅間で実証実験を実施するという。新しいデジタル技術をリアルで体験できる場を提供するとしている。

キャプション

 実証実験に伴い、大阪駅〜新大阪駅間を含む、「ICOCA」定期券を所有するモニター参加者を募集する。実証実験の詳細情報および、モニターの募集方法については2023年2月頃の案内を予定している。

キャプション

 JR西日本は、大阪駅(うめきたエリア)を「JR西日本技術ビジョン」の具体化に挑戦する駅と位置付けており、その実現に向けて取り組んでいる。また、大阪駅(うめきたエリア)をイノベーションの実験場「JRWEST LABO」の中心と位置付け、新たな価値創造を推進。経営課題や社会課題の解決に向け、取り組んでいくとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]