バーチャルバンドGorillaz、グーグルのAR技術でコンサートを開催へ

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 長谷睦 (ガリレオ)2022年12月15日 11時44分

 一般ユーザー向けの拡張現実(AR)グラスの発売予定は当面なさそうなGoogleだが、スマートフォン上のARツールに関する実験的な試みは続けている。ニューヨークとロンドンで行われる、ロックバンドGorillazのバーチャルパフォーマンスも、位置情報ベースのARを用いた実験の最新の事例だ。こうした試みは、この数年モバイルアプリで勢いを増しているトレンドでもある。今回、Gorillazの新曲「Skinny Ape」を披露するコンサートが、アプリ「Gorillaz Presents」を使って体験できることになった。このアプリ自体が、ARコンサートをこの週末に披露するためにGoogleと共同で開発されたものだ。

Gorillazのバーチャルパフォーマンス
提供:Gorillaz / Google

 このARコンサートは、ニューヨークのタイムズ・スクエアでは米国東部標準時12月17日午後2時30分(日本時間18日午前4時30分)、ロンドンのピカデリー・サーカスではグリニッジ標準時18日午後2時(同午後11時)に、マップの情報に接続されたGoogle独自のAR技術「ARCore Geospatial API」を使って、「ライブパフォーマンス」として行われる。

 このコンサートには、2022年のGoogleの開発者カンファレンスで発表された位置情報に基づく新しいAR技術が用いられ、「Googleマップ」のデータとGPSの座標を使って、現実世界に継続的なARレイヤーを重ね合わせる。位置情報を使う実際の体験では、実際の風景を、ライブパフォーマンスに部分的に取り込む形を目指している。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]