クアルコム、「Snapdragon 8 Gen 2」発表--Wi-Fi 7対応、AI機能強化など

Jason Cipriani (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2022年11月16日 11時27分

 Qualcommは米国時間11月15日、年次イベント「Snapdragon Summit」で最新のモバイルプラットフォーム「Snapdragon 8 Gen 2」を発表した。今後1年間に登場する多くの主力スマートフォンに搭載される見込みだ。

Snapdragon 8 Gen 2
提供:Qualcomm

 改善点は非常に多く、「Android」体験のあらゆる領域に及ぶ。例えば、「Snapdragon Elite Gaming」のさまざまな新機能(ハードウェアアクセラレーションによるリアルタイムでのレイトレーシングなど)、GPUパフォーマンスの25%向上、「Qualcomm Kryo」CPUによる電力効率の40%向上などが含まれる。

 Qualcommが引き続き強化を進めている接続性に目を向けると、Snapdragon 8 Gen 2は「Snapdragon X70」5Gモデムを採用しており、5Gと人工知能(AI)をサポートするプロセッサーを使用して、速度や遅延、電力使用量を改善する。また、デュアル5G SIMも正式にサポートする。「FastConnect 7800」システムは「Wi-Fi 7」のサポートをAndroidに追加する。Wi-Fi 7は、まだ策定中の規格だが、主な利点として速度の向上が挙げられている。

 Qualcommは、新しい「Qualcomm Hexagon」プロセッサーによるAIパフォーマンスの向上も約束している。新しいチップには、顔や顔の特徴、髪、衣服の認識精度の向上、それらを認識して写真や動画を最適化する機能など、カメラの改善点も含まれる。

 Snapdragon 8 Gen 2モバイルプラットフォームを採用するAndroidスマートフォンは、2022年中に登場する見通しだという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]