「Pixel 7 Pro」と「iPhone 14 Pro」の高性能カメラ比較--ズームと夜景モードに注目

Andrew Lanxon (CNET News) 翻訳校正: 編集部2022年10月25日 07時30分

 Googleの新しい「Pixel 7 Pro」は、洗練された新デザイン、「Android 13」の充実した機能、そしてもちろん背面に搭載された高性能なトリプルカメラによって筆者をうならせた。しかし、この市場は競争が激しい。Appleの最新スマートフォン「iPhone 14 Pro」も、強力なスペックと完成度の高いカメラでPixel 7 Proを迎え撃つ。

Pixel 7 ProとiPhone 14 Pro
Pixel 7 ProとiPhone 14 Pro
提供:Andrew Lanxon/CNET

 両モデルとも、メインカメラ、超広角カメラ、望遠カメラの3つを備え、そのクオリティはすでに高い評価を得ている。カメラ機能を最優先にした場合、選ぶべきはPixel 7 Proか、iPhone 14 Proか。両者のカメラ性能を検証すべく、エジンバラ郊外の美しい街、リースに向かった。

 下の2枚の写真を見てほしい。Pixel 7 Proの5000万画素のメインカメラと、iPhone 14 Proの4800万画素のメインカメラで撮影したものだ。どちらも露出は適正、青空はよくコントロールされ、暗部のディテールも良く描写されている。iPhoneで撮影した写真はカラーバランスがやや暖色に傾いており、この風景に合っているとは思うが、Pixelで撮影した写真の方が自然な仕上がりになっていることは間違いない。

Pixel 7 Proのメインカメラで撮影した写真
Pixel 7 Proのメインカメラで撮影した写真
提供:Andrew Lanxon/CNET
iPhone 14 Proのメインカメラで撮影した写真
iPhone 14 Proのメインカメラで撮影した写真
提供:Andrew Lanxon/CNET

 こちらは超広角レンズに切り替えて撮影したものだ。どちらもコントラストの高い風景をしっかりと撮影できている。甲乙つけがたいが、色調が自然なPixel 7 Proの方に軍配が上がるかもしれない。

Pixel 7 Proの超広角カメラで撮影した写真
Pixel 7 Proの超広角カメラで撮影した写真
提供:Andrew Lanxon/CNET
iPhone 14 Proの超広角カメラで撮影した写真
iPhone 14 Proの超広角カメラで撮影した写真
提供:Andrew Lanxon/CNET

 両者に差が出るのはズームレンズだ。Pixel 7 Proの5倍光学ズームは、iPhone 14 Proの3倍光学ズームよりも被写体に迫ることができる。広角レンズだけではできない、さまざまな構図を見つけられるので、筆者はズームレンズが好きだ。下の写真では、ズームレンズを使うことで場所を移動せずに全く違う風景を撮影できた。

 Pixelは遠くにある建物にかなり寄った写真を撮影できており、iPhoneのズーム倍率との差が顕著に出た。とはいえ、どちらも露出精度は高く、Pixelの方が明らかに暖色系に寄ってはいるものの(特に建物)、個人的にはどちらのカラーバランスも気に入っている。

Pixel 7 Proの5倍光学ズームで撮影した写真
Pixel 7 Proの5倍光学ズームで撮影した写真
提供:Andrew Lanxon/CNET
iPhone 14 Proの3倍光学ズームで撮影した写真
iPhone 14 Proの3倍光学ズームで撮影した写真
提供:Andrew Lanxon/CNET

 下の2枚の写真でも、ズーム倍率が高いPixelの方が余白が少なく、川沿いの建物が大きく映っており、結果として見栄えのいい写真に仕上がっている。しかし色調や露出はiPhoneの方が好みだ。白が明るく、中央の建物のオレンジ色が鮮やかに出ており、空の青も美しい。


Pixel 7 Proの5倍光学ズームで撮影した写真
提供:Andrew Lanxon/CNET
iPhone 14 Proの3倍光学ズームで撮影した写真
iPhone 14 Proの3倍光学ズームで撮影した写真
提供:Andrew Lanxon/CNET

 しかし、超広角レンズで撮影した下の2枚は評価が難しい。どちらも露出はおおむね適正だが、遠くに見える雲が若干白飛びしている。個人的にはiPhone 14 Proの青空の方が自然で好ましいと感じるが、フレーム中央の建物や木々の色調はPixel 7 Proの方が生き生きと表現できている。この2枚は優劣をつけにくい。

Pixel 7 Proの超広角カメラで撮影した写真
Pixel 7 Proの超広角カメラで撮影した写真
提供:Andrew Lanxon/CNET
iPhone 14 Proの超広角カメラで撮影した写真
iPhone 14 Proの超広角カメラで撮影した写真
提供:Andrew Lanxon/CNET

 メインカメラに戻ろう。下の2枚の写真もやはり甲乙つけがたい。どちらもディテールをしっかりと表現できており、全体の露出も適正だ。細かいことを言えば(細かいことしか言っていないが)、Pixel 7 Proの空の方がわずかに紫が強く、全体にコントラストがやや高い。その結果、紅葉のオレンジ色が濃く出ており、実際の景色と比べると色の再現度はやや下がる。ほとんど好みの話になってしまうが、この2枚については若干iPhoneの方を推したい。

Pixel 7 Proのメインカメラで撮影した写真
Pixel 7 Proのメインカメラで撮影した写真
提供:Andrew Lanxon/CNET
iPhone 14 Proのメインカメラで撮影した写真
iPhone 14 Proのメインカメラで撮影した写真
提供:Andrew Lanxon/CNET

 下の2枚は、同じ場所を超広角レンズで撮影したものだ。筆者の感覚では、さきほどの2枚と比べると、明らかにiPhoneで撮影した写真の方が優れている。全体のカラーバランスも自然だ。また、iPhoneで撮影した写真は左下の暗い部分のコントラストがうまく保たれているのに対して、Pixelはこの部分を人工的に明るくしようとした結果、違和感のある灰色のムラが生じている点が気になる。

Pixel 7 Proの超広角カメラで撮影した写真
Pixel 7 Proの超広角カメラで撮影した写真
提供:Andrew Lanxon/CNET
iPhone 14 Proの超広角カメラで撮影した写真
iPhone 14 Proの超広角カメラで撮影した写真
提供:Andrew Lanxon/CNET

 Pixel 7 Proでは超広角レンズにオートフォーカスが搭載された。被写体から数センチの距離まで近づいてもピントが合い、マクロ撮影ができる。これはAppleが「iPhone 13 Pro」で導入した機能で、いろいろな写真をとって楽しめる。

 下の2枚のマクロ写真を比べると、Pixel 7 Proで撮影した写真の方が個人的には好みだ。ホワイトバランスにより、花びらの青紫色が鮮やかに、かつ正確に表現されている。背景の葉もiPhoneのような黄緑色ではなく、艶やかな緑色だ。

Pixel 7 Proのマクロフォーカスで撮影した写真
Pixel 7 Proのマクロフォーカスで撮影した写真
提供:Andrew Lanxon/CNET
iPhone 14 Proで撮影したマクロ写真
iPhone 14 Proで撮影したマクロ写真
提供:Andrew Lanxon/CNET

 下の2枚の写真についても同じことが言える。どちらも青空を背景にタンポポを下から撮ったものだ。Pixel 7 Proで撮影した写真の方が、被写体の周りの草が鮮やかな緑色に写っている。iPhone 14 Proで撮影した写真は色温度が高く、草の黄味が強く出ており、個人的にはあまり好きではない。

Pixel 7 Proのマクロフォーカスで撮影した写真
Pixel 7 Proのマクロフォーカスで撮影した写真
提供:Andrew Lanxon/CNET
iPhone 14 Proで撮影したマクロ写真
iPhone 14 Proで撮影したマクロ写真
提供:Andrew Lanxon/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]