各社スマートホームデバイスを相互利用できる標準規格「Matter」がリリース

Corinne Reichert (CNET News) 翻訳校正: 編集部2022年10月06日 09時48分

 「Matter 1.0」がついにリリースされた。Matterは、Amazon、Apple、Comcast、Googleをはじめとする、多数の企業のスマートホームデバイスを連携するための標準規格だ。

さまざまなスマートデバイス
提供:CNET

 今回のリリースの一環として、製品認定を行うテストラボが開設され、テスト用ハーネスやツールが利用可能になったほか、オープンソースのソフトウェア開発キット(SDK)も完成している。

 Matterの仕様は当初、2020年にリリースされる計画だったが、SDKの問題を解決するために、2022年秋に延期されていた。Matterによって、次世代のスマートホームデバイスは、異なる企業の製品であっても互いに通信できるようになる。例えば、Matterに準拠することにより、Googleの「Nest」デバイス、Amazonの「Echo」スピーカー、GEのスマート電球が、「Google Home」アプリによって制御可能になる。

 Matterを開発したのは、Apple、Amazon、Comcast、Google、華為技術(ファーウェイ)、IKEA、SmartThings、LGなど、550社超のテクノロジー企業が参加する標準化団体Connectivity Standards Allianceだ。

 既にスマートデバイスを販売している加盟企業は、自社製品をMatterに対応するようアップデートできる。Appleは、「iOS 16」の今後のアップデートによって、既存の「HomeKit」製品をMatterに対応させるとしている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]