スマートホーム規格「Matter」、製品の認定開始を2022年に延期

Dale Smith (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2021年08月16日 11時37分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スマートホームの規格統一(あるいは、少なくともその確証)には、まだ時間がかかるようだ。IoTに関するグローバルな規格を策定する業界連合団体Connectivity Standards Alliance(CSA、旧Zigbee Alliance)は、米国時間8月13日のブログ記事で、スマートホーム製品の新たな接続規格「Matter」(旧称「Connected Home over IP」)について、2022年までは製品の認定を開始できないことを明らかにした。当初は2021年後半に認定作業を開始する予定だった。

提供:Connectivity Standards Alliance
提供:Connectivity Standards Alliance

 この遅れは、Matterのソフトウェア開発キット(SDK)の公開準備に起因するという。SDKは、開発者が特定のアプリケーションを作成する際に使用するツールやプログラム一式のことだ。Matter規格の場合、こうしたアプリケーションには、スマート電球やスマートコンセント、スマートドアベルカメラなどのスマートホームデバイスを制御できるモバイルアプリなどがある。

 Matterが実現すれば、デジタルマスターキーのように機能し、Apple、Google、Amazonといった競合メーカーのデバイス同士がより簡単に通信できるようになる可能性がある。これにより消費者は、特定のスマートホームデバイスが自分の使っている音声アシスタントやエコシステムに対応しているかどうかを確認しなくて済むようになる。Appleのスマートホームプラットフォーム「HomeKit」で「Siri」を使っているか、Googleのスマートディスプレイ「Nest Hub」で「Googleアシスタント」を使っているか、またはAmazonのスマートスピーカー「Echo」で「Alexa」を使っているかに関係なく、同じスマートホームデバイスを利用できるようになる。

 Matter対応デバイスは当初、冬のホリデーシーズンに登場が見込まれていたものの、スケジュールの変更は最終的には重大なものではない。SDKは、スマートホーム製品をMatterに準拠させられるようにするまでの最初の段階であり、準拠にかかる時間は各メーカー次第だ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]