NASAとSpaceX、ハッブル宇宙望遠鏡を延命させる研究で協力

Liam Tung (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2022年10月03日 12時13分

 米航空宇宙局(NASA)とSpaceXは、SpaceXの宇宙船「Dragon」を利用してハッブル宇宙望遠鏡をより高い軌道に押し上げ、その寿命を延ばすことが可能かどうかを探ろうとしている。

ハッブル宇宙望遠鏡

 ハッブル宇宙望遠鏡は32年前の1990年に打ち上げられ、最近、より強力なジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡に引き継がれた。しかし、ハッブル宇宙望遠鏡はまだ運用を停止したわけではない。

 NASAとSpaceXは米国時間9月29日、「Space Act Agreement」(SAA:宇宙法協定)を締結した。この協定により、米政府に費用の負担を求めることなく、研究の必要に応じて、民間のSpaceXが開発したDragonを利用してミッションを遂行できるようになる。

 狙いは、Dragonをハッブル宇宙望遠鏡にドッキングさせて、より安定した軌道に移動させることにある。今回の研究は、大富豪の起業家Jared Isaacman氏によって立ち上げられた、民間人による船外活動などが含まれる宇宙飛行計画「Polaris Program」と連携して行われる。

 「この研究は、NASAが官民のパートナーシップを通じて模索している革新的なアプローチを示す好例だ」と、NASAの科学ミッション局の次長Thomas Zurbuchen氏は述べている。

 「協力関係の拡大によって、難易度が高い、最高水準の科学ミッションをサポートする機会を幅広く探っていきたい」(Zurbuchen氏)

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]