VW傘下PowerCoとUmicore、EVバッテリー用の材料供給会社を設立--投資額は4200億円

 Volkswagen(VW)グループ会社の電気自動車(EV)用バッテリー製造企業PowerCoと、ベルギーの化学素材メーカーUmicoreは、EVバッテリー製造に必要な材料をPowerCoに安定供給するため、合弁会社を設立する。投資額は30億ユーロ(約4196億円)。

VW傘下PowerCoとUmicoreが合弁会社(出典:Volkswagen)
VW傘下PowerCoとUmicoreが合弁会社(出典:Volkswagen)

 合弁会社は、PowerCoが欧州の工場でEVバッテリーを製造する際に使用する、プリカーサー(前駆体)およびカソード(正極)用の材料提供が目的。拠点はベルギーに置く。

 2025年に生産を開始し、ドイツのザルツギッターにあるPowerCoの工場に対して、2026年時点で年間40GWh相当のバッテリーに必要な材料を供給するという。

 2020年代中に、生産能力を年間160GWh相当まで増やす計画。これは、バッテリーEV(BEV)約220万台に相当する量だという。

取り組みの紹介ビデオ(出典:Umicore/YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]