SpaceXの「Starlink」、南極でテスト--全7大陸で利用可能に

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2022年09月16日 10時01分

 SpaceXの衛星ブロードバンド「Starlink」は、南極でのサービス試験により、地球上の7つの大陸すべてで利用可能になった。

流れ星
提供:Getty Images

 米国立科学財団(NSF)は、マクマード基地でStarlinkの「極地サービス」を試験していることを発表した。この基地は南極最大級で、NSFが管理する米国南極プログラム(USAP)の物流拠点となっている。

 「NSFの支援を受けた南極のUSAPの科学者らは、とても幸せだ!Starlinkは、マクマード基地に新たに配備されたユーザー端末で極地でのサービスをテストしており、科学支援のために帯域幅と接続性を高めている」と、NSFはツイートした

 USAPのウェブサイトによると、この南極基地の通信は、バックアップとして米航空宇宙局(NASA)、米防衛省、Airbus、Iridiumが所有する複数の衛星に頼っているという。

 SpaceXによると、南極におけるStarlinkサービスは、同社の「宇宙レーザーネットワーク」によって実現しているという。同社がこの1年間テストしてきたこのネットワークは、同社の衛星の間のレーザーによって光リンクを提供する。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]