ジョーシス、シリーズAで総額約44億円の資金調達--英語圏でのサービス展開へ

佐藤和也 (編集部)2022年09月07日 13時07分

 ITデバイス&SaaSの統合管理クラウド「ジョーシス」を提供しているジョーシスは9月7日、ベンチャーキャピタル(グローバル・ブレイン、ANRI、Yamauchi-No.10、デジタルホールディングス、WiL)などから、総額44億2000万円の資金調達を完了したと発表。国内における開発や販売体制の強化を図るとともに、英語圏でのサービス展開を行うという。

 ジョーシスは、情報システム部門のアナログ業務を自動化し、業務コスト削減とセキュリティレベル向上を支えるITデバイス&SaaS統合管理クラウドサービスとして、2021年9月にサービスを開始。同社によれば、9カ月前に比べMRR(売上)は29倍に増加しているという。

MRR(売上)の推移
MRR(売上)の推移
2022年8月に実施した契約顧客の利用満足度を測るエリステスト
2022年8月に実施した契約顧客の利用満足度を測るエリステスト

 調達資金をもとに、英語圏(インド、シンガポール、オーストラリア、ニュージーランド、イギリス、ドイツ、オランダ、アメリカ、カナダ)での製品提供を開始する。2023年初頭よりシンガポールで開始後、2023年内にアメリカを含む英語圏でサービス展開を行っていくという。

 なお、サービス開始から1周年を迎えたことを記念した、先着100社限定での6カ月間無料で利用できる特別キャンペーンを実施する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]