「iPhone 14 Pro」、2つの切り抜きの間にカメラのインジケーターを表示か

Andrew Blok (CNET News) 翻訳校正: 編集部2022年09月02日 08時41分

 Appleが近く発表する見込みの「iPhone 14 Pro」は、画面に2つの切り抜きがあり、その間のスペースにプライバシーインジケーターが表示されると、複数のメディアが報じている。そのデザインは、来週開催されるAppleのイベントで明らかになる見込みだ。

提供:Apple
提供:Apple

 今回の報道によると、2つの切り抜きの間の画面は端末がオンの場合も黒く表示されるため、1つの長い楕円(だえん)形の切り抜きのように見えるという。この黒い領域には、アプリがカメラやマイクを使用しているときにユーザーに警告するプライバシーインジケーターが表示されると、9to5Macは報じている。

 新型iPhoneは、9月のイベントの目玉となる製品だ。イベントが近づくにつれて、iPhoneのサイズ、フロントカメラ、デザインに関する憶測がますます盛んに飛び交っている。

 Appleは秋の製品発表イベントを、米国時間9月7日に開催する予定だ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]