「Twitterサークル」が正式リリース--相手を選んでツイートを送信

Queenie Wong (CNET News) 翻訳校正: 編集部2022年08月31日 08時10分

 Twitterは米国時間8月30日、新機能「Twitterサークル」を全世界で提供開始した。これにより、以前よりも気軽にオンラインで自分の思いを人と共有できるようになるかもしれない。

Twitterのロゴ
提供:Sarah Tew/CNET

 Twitterサークルは、フォロワーの一部を対象に選んでツイートを送信できるようにするもので、は最大150人を追加できる。ツイートを作成する際、その投稿を「全員」と共有するか、自分のTwitterサークルに共有するかを選択できる。

 この新機能を世界中で提供開始したことには、より多くのユーザーにTwitterを毎日使ってもらいたいという同社の意図がうかがえる。同社はTwitterサークルのテストを5月に開始しており、一部のユーザーはより気軽にツイートできるようになったと報告し、友達との会話にこの機能を利用するようになったという。Twitterサークルを利用すれば、2つ目のアカウントを使う必要はなく、アカウント設定を非公開と公開の間で切り替える必要もなくなる可能性がある。

 Twitterは30日、この機能によってツイート総数も増加し、Twitterサークルのツイートに対しては、いいねや返信によるユーザーの反応も多くなったとした。

 「Instagram」などの他のソーシャルメディアプラットフォームにも、親しい友達のグループだけに投稿を共有できる類似の機能がある。ソーシャルメディア上の会話がよりプライベートな空間へと移行するにつれて、そのような種類のコンテンツのモデレーションはさらに難しくなるのではないかという懸念も生じている。Twitterサークルに所属するユーザーは、そこでの投稿をリツイートすることはできないが、そのツイートのスクリーンショットをとることは可能だ。Twitterは、同社のパートナーや、オンラインの安全性に関する専門家の意見を仰いでいるという。

 Twitterサークルは、「Android」版、「iOS」版、ウェブ版で利用できる。Twitterによると、多くの人が試そうとするため、アクセスの際に若干の遅延が生じる可能性があるという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]