「Facebook」運営元のMeta、Cambridge Analyticaをめぐる訴訟で和解へ

Edward Moyer (CNET News) 翻訳校正: 編集部2022年08月29日 09時39分

 「Facebook」を運営するMetaは、2018年に起きたCambridge Analyticaのスキャンダルをめぐるプライバシー関連の訴訟で、和解に合意した。米国時間8月26日に裁判所に提出された文書で明らかになった。

Facebookのロゴ
提供:Angela Lang/CNET

 Metaの最高経営責任者(CEO)であるMark Zuckerberg氏、元最高執行責任者(COO)のSheryl Sandberg氏、現COOのJavier Olivan氏は、9月にこの裁判で証言する予定だった。

 Cambridge Analyticaのスキャンダルは、英国の欧州連合(EU)離脱の是非を問う国民投票や2016年の米大統領選の期間中に、9000万人近いFacebookユーザーのデータを同社が政治的なターゲット広告に悪用した可能性があるという報道に続いて、明るみに出た。コンサルティング企業である同社は当時、Donald Trump前大統領の選挙陣営に雇われており、その後廃業している。

 このスキャンダルを受けて、Zuckerberg氏はFacebookのプライバシーポリシーについて米議会で証言した。また、この件に関する米連邦取引委員会(FTC)の調査をめぐるFacebookとFTCの和解の一環として、同社は50億ドル(約6900億円)の制裁金を科されることにもなった。

 FTCとの和解の下で、Facebookは独立したプライバシー委員会を設立することに合意し、Zuckerberg氏は同社の行為の正当性を示すことを求められ、Facebookは同社プラットフォームのプライバシー保護策を強化することを命じられた。

 26日の提出文書では、Facebookユーザーを代表して提訴されたこのプライバシー訴訟の和解について、金銭的条件などの詳細は明らかにされていない。この訴訟は集団訴訟にすることを目指し、原告側に対する損害賠償と差し止め救済を求めていた。

 双方は共同で、和解合意文書を完成させるまで60日間審理を停止することを裁判所に求めた。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]