BMW、「BMW i4 M50」ベースの4モーター駆動スポーツEVをテスト走行

 BMWグループでモータースポーツ事業や研究開発を手がけるBMW Mは、4輪それぞれに駆動用モーターの設けられたスポーツ走行向け電気自動車(EV)を試作し、テスト走行を始めた

4つのモーターが各ホイールを駆動する(出典:BMW)
4つのモーターが各ホイールを駆動する(出典:BMW)

 この車は、EV「BMW i4 M50」をベースに開発した、試験目的のコンセプトカー。4つのモーターを備え、各モーターがそれぞれ1つのホイールを駆動する。試験では、4輪を個別に制御することの効果を主に検証していく。

 「M xDrive」と名付けたこの四輪駆動(4WD)システムは、各輪のトルクを数ミリ秒以内の細かさで個別に制御できる。その際、トルク配分は、アクセル開度や舵角、加速度、タイヤの回転速度などの条件を考慮して調整する。この仕組みにより、さまざまな路面状態の道でも、ドライバーは意図したとおり走行できるという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]