「Gmail」の統合型UI、全ユーザーに提供開始

Liam Tung (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部2022年07月29日 09時43分

 Googleは「Gmail」の刷新されたユーザーインターフェース(UI)を全ユーザー向けに提供開始した。「Mail」「Chat」「Spaces」「Meet」の切り替えをより簡単にすることを目指すものだ。

Gmailのアイコン
提供:Getty/SOPA Images

 Googleは1月にこの新しい「統合型ビュー」を紹介し、2月にリリースしていた。これらは、「Workspace」のユーザーを対象にオプトイン形式で提供されていたが、今回、Gmailの全ユーザーを対象に標準で提供されることになった。

 新しいUIは、左側にMail、Chat、Spaces、Meetへのショートカットがある。Googleによると、この統合型ビューはまず、Chatを起動したユーザーに提供されるという。

 Chatを起動するには、「設定」(歯車アイコン)で「すべての設定を表示」を選択して、Chatを有効にする。すると、Gmailが新しいビューに切り替わる。

 新しいビューになったら、「設定」の「クイック設定」で、Gmail、Chat、Spaces、Meetのどの組み合わせを左側に表示するかをカスタマイズできる。

 Googleは、統合型ビューを有効にする新たな設定項目を「今後数週間」のうちに提供する予定だ。新しいデザインは、Googleの「Material Design 3」に基づいている。左側の列を除けば、新しいビューはこれまでのGmailのインターフェースと大きくは変わっていない。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]