E3、2023年6月に復活へ--イベント運営のReedPopがプロデュース

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 編集部2022年07月08日 09時28分

 E3の略称で知られるゲーム見本市「Electronic Entertainment Expo」が、2023年6月の第2週に復活することを、エンターテインメントソフトウェア協会(ESA)が米国時間7月7日に明らかにした。「PAX」「Star Wars Celebration」「New York Comic Con」の各イベントの運営にも携わるReedPopを、新たにパートナーとして迎えて開催される予定だ。

E3のロゴ
提供:ESA

 ESAの最高責任者であるStan Pierre-Louis氏はこれまでに、2023年にE3をオンラインと対面の両方で開催する予定であることを認めていた。

 ReedPopのゲーム担当グローバルバイスプレジデントを務めるKyle Marsden-Kish氏は発表の中で、「われわれは何年も、世界のゲームコミュニティーの意見を聞き、受け止め、学んできた。E3 2023は誰もが認める素晴らしいイベントになり、常に機能してきたものを継承しつつ、そうでなかったものを作り直して、2023年とそれ以降のビデオゲーム博覧会の新たな基準を築き上げるための復活になるだろう」と述べた。

 E3は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて2020年は中止、2021年はオンラインで開催された。2022年も開催予定だったが、2023年のイベントにESAのリソースを集中するためとして、最終的には中止となった。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]