「Android」「iOS」を狙う新種のスパイウェア「Hermit」--グーグルが警告

Charlie Osborne (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2022年06月27日 11時53分

 Googleは米国時間6月23日、「Android」および「iOS」を搭載するモバイル機器のユーザーを狙う新種のスパイウェアについて警告した。

 Googleの脅威分析グループ(Threat Analysis Group:TAG)の研究者であるBenoit Sevens氏とClement Lecigne氏、そして同社のセキュリティ研究者チーム「Project Zero」によると、現在、iOSとAndroidを標的とする新種のスパイウェアが広く拡散しているという。このスパイウェアは商業プロバイダーによって開発され、政府の支援を受けたハッカーに販売されているという。

 これまでに、イタリアとカザフスタンで被害が確認されている。

 「Hermit」と呼ばれるこのスパイウェアは、モジュール式の監視ウェアだ。Lookoutのサイバーセキュリティ研究者によると、25個の既知のモジュールのうち16個を分析した結果、このマルウェアはデバイスのルート化を試みることが分かったという。さらに、Hermitは、音声の録音、通話のリダイレクトと発信、さまざまな情報(SMSメッセージ、通話履歴、連絡先リスト、写真、GPS位置データなど)の窃取などの機能を備えていることも判明したという。

 Lookoutが16日に公開した分析結果によると、このスパイウェアは不正なSMSメッセージを通して拡散されるとみられる。TAGも、インターネットサービスプロバイダー(ISP)やメッセージアプリが送信元であるように偽装されたメッセージを通して、一意のリンクが標的に送信されると結論づけている。

 「攻撃者が標的の利用しているISPと協力して、標的のモバイルデータ接続を無効にした事例もあると考えている。モバイルデータ接続を無効化した後、攻撃者はSMS経由で悪意あるリンクを送信し、データ接続を回復するためのアプリをインストールするよう標的に求める」(TAG)

 LookoutのチームはAndroid版のHermitに関してのみサンプルを入手していた。その後、GoogleがiOS版のサンプルも調査した。どちらのサンプルも、GoogleとAppleの公式アプリストアでは公開されておらず、スパイウェアが仕込まれたアプリはサードパーティーのホストからダウンロードされていた。

 Android版のサンプルでは、被害者が不明なソースからのモバイルアプリのインストールを許可した後、.APKをダウンロードする必要がある。このマルウェアは、サムスンのアプリに偽装されており、コマンド&コントロール(C2)インフラの一部として「Firebase」を使用していた。

 TAGは、「APK自体にエクスプロイトは含まれていないが、コードは、ダウンロードして実行できるエクスプロイトの存在を示唆している」と述べている。

 Googleは、アプリの悪意ある活動からユーザーを保護するため、アプリの影響を受けるAndroidユーザーに通知し、「Google Play Protect」に変更を加えた。また、このスパイウェアで悪用されたFirebaseプロジェクトは無効化された。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]