Netflix、さらに約300人を解雇--会員減少を受け

Andrew Blok (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2022年06月24日 11時55分

 動画配信大手のNetflixは米国時間6月23日、「300人前後の従業員」を解雇したことを認めた。成長が鈍化する中で、同社がこの1年間に実施した最新の人員削減だ。今回の人員削減については、Varietyが先に報じている

Netflixのロゴ
提供:Sarah Tew/CNET

 Netflixは、4月にファン向けサイト「Tudum」に関わる多くの従業員を解雇した後、5月にも150人を解雇した

 同社の広報担当者は23日、「事業への大規模な投資は継続するが、費用の増加が売上高の伸びの鈍化と釣り合ったものになるよう、今回の調整を実施した」と電子メールでコメントした。

 4月には、会員数が10年間で初めて減少に転じたことを明らかにした。2022年第1四半期に会員数が20万人減少したと発表し、4~6月期にはさらに200万人の減少を見込んでいるとしていた。

 会員数減少の原因として、パスワード共有とロシアによるウクライナ侵攻を挙げていた。ロシアからの撤退によって会員数が70万人減少したという。ストリーミング業界では競争も激化しており、「Disney+」「HBO Max」「Paramount Plus」などの新規参入組が、「Hulu」などそれ以前からあるサービスと並んで、Netflixのライバルになっている。

 2021年末時点で、Netflixは1万1300人の従業員を抱えていた。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]