アップルのAR/VRヘッドセット、「WWDCでの発表はなし」--アナリスト予測

Mary King (CNET News) 翻訳校正: 編集部2022年06月01日 07時47分

 来週開幕するAppleの年次開発者会議WWDCでは、以前からうわさされている拡張現実(AR)/仮想現実(VR)ヘッドセットは発表されないという予測を、著名アナリストのMing-Chi Kuo氏が米国時間5月31日にツイートで明らかにした。

WWDC
提供:Stephen Shankland/CNET

 AppleのAR/VRヘッドセット関連の話題では、最初の製品が2022年に発表されるのではないかという憶測や報道がこれまでに流れており、5月には、Appleの取締役会でその製品が披露されたという報道もあった。Appleは過去に、次期ハードウェアをWWDCで披露したこともあったが、今回Kuo氏はこのヘッドセットは量産までにまだ間があるので、6月6日に開幕するWWDCで披露されるとは考えていないと記している。

 「AppleがAR/MRヘッドセットとそのOSをWWDCで発表すれば、競合他社は直ちに模倣プロジェクトを開始し、Appleの素晴らしいアイデアを喜んで真似して、Appleが2023年に製品を発売する前に、新製品を店頭に並べるに違いない」とKuo氏は続けた。

 ARとは、実際の環境に画像を重ねて表示するもので、没入感あふれる環境を完全にコンピューターで構築するVRとは異なる。複合現実(MR)は、実世界と仮想世界を融合するものだ。

 このヘッドセットに関するこれまでの憶測としては、Appleの「M1」チップを搭載して、ハイエンド製品「Meta Quest」 に似たものになるという情報もあった。

 WWDC22は6月6~10日に開催され、ライブ配信される。AppleはWWDCで「iOS 16」を発表すると予想されている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]