モトローラの次期「razr」、画像がリークか

Imad Khan (CNET News) 翻訳校正: 編集部2022年05月10日 10時53分

 Motorolaの折りたたみスマートフォン「razr」の第3世代モデルとされる画像が新たに公開された。この画像によると、このモデルはサムスンの初代「Galaxy Z Flip」にいくらか影響を受けたようなデザインになっている。razrの第2世代モデルが発売されたのは、2020年(日本では2021年)のことだ。

razr 5G
2020年のrazr 5G
提供:Patrick Holland/CNET

 信頼できるリーク情報で知られるEvan Blass氏と91mobilesによると、新型razrは「Maven」というコード名で開発されているという。デザインは、2019年の第1世代razrにあった1つの円形のカメラバンプを廃止し、その代わりに、ピル型のデュアルカメラ用の切り抜きを採用したものになっているようだ。2020年の第2世代razrは、デザインにはあまり変更がなかったが、筐体にスロープが付けられて、フラッシュの位置が変わっていた。

 Motorolaはコメントの依頼にすぐには応じなかった。

 仕様については、50メガピクセル、f/1.8のメインカメラと、マクロ撮影に使用できる13メガピクセルの広角レンズが搭載されるとBlass氏は説明。自撮り用カメラは32メガピクセルで、FHD+ディスプレイのパンチホールに収容されるという。同氏によると、Motorolaは、「Qualcomm Snapdragon 8 Gen 1」と「Snapdragon 8 Gen 1+」(SM8475)という異なるプロセッサーを搭載する2つのバージョンを発売する計画だったが、SM8475の出荷遅延に伴い、後者がどうなるかは不透明とのこと。構成はRAMが8GBまたは12GB、内蔵ストレージが256GBまたは512GBとしている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]