YouTube、大リーグの15試合を無料配信へ

Eli Blumenthal (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2022年04月15日 12時52分

 YouTubeと米大リーグ機構(MLB)は米国時間4月14日、2022年のレギュラーシーズンに15試合をYouTubeでストリーミング配信すると発表した。1試合目は、5月5日のワシントン・ナショナルズ対コロラド・ロッキーズ戦だ。

YouTube
提供:James Martin/CNET

 YouTubeとMLBによるライブ配信の提携は4シーズン目となる。182カ国で配信され、無料で視聴できる。15試合はYouTubeで独占配信される。

 Google傘下のYouTubeが提携を更新したことで、ストリーミング配信を手がける大手ほぼすべてがMLBの2022年シーズンの放映権を持つことになった。「Apple TV+」が「Friday Night Baseball」の配信を開始したほか、NBCUniversal傘下のPeacockも日曜日に配信する。さらにAmazonはニューヨーク地域の「Prime Video」でニューヨーク・ヤンキースの21試合を独占配信する。Disneyも傘下の「ESPN+」加入者を対象に一部の試合を定期的に配信している。

 Appleの配信と同様に、MLB専門チャンネル「MLB Network」が、YouTubeで配信する15試合の制作を担当する。YouTubeは米CNETの取材に対し、2022年シーズンの配信品質を1080p/60fpsに改善したと述べた。これまでは720p/30fpsだった。

 このライブ配信「MLB Game of the Week Live on YouTube」は、YouTubeアプリでMLBを検索するか、MLBのYouTubeチャンネルにアクセスして見つけることができる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]